産総研トップへ

高校理科系クラブ研究発表:2018年産総研つくばセンター一般公開

高校理科系クラブ研究発表

近隣5高校の理科系クラブの皆さんが、産総研の研究者とブースを並べて研究発表展示を!

A会場 共用講堂 ロビー

G1 茗渓学園

摩擦がない環境下で逆立ちゴマはどのような動きをするのか?物理班では、伝統的なおもちゃであるコマを科学的に考察します。生物班では、センチュウの味覚とショウジョウバエの味覚に関する発表等を行います。

G2 土浦三高

昨年度から製作を続けてきたコンパクト空気望遠鏡が遂に完成!観測会の様子なども交えて発表します。20㎝プリズムによる天体のスペクトル観測では新たな発見も!他にユレモの回転運動など、全6テーマを発表します。

G3 土浦一高

強風の中で話し声が相手に届きにくいのは、声が風に流されてしまうから?それとも?周囲の環境と音の伝わり方を解明します。他にY字振り子における周期と軌跡の関係、地震の揺れと建物との関係についても発表します!

G4 竹園高校

ボルボックスの光走性と生育環境について、自作器具で実験したところ、2日間遮光して生育すると光走性を示さなくなることが明らかに。また、昨年に続き、プラナリアの再生における光走性と慣れについての考察も必見!

G5 並木中等

「並木中等のいろいろな研究あり〼」と題し、毎年クラブメンバーによる研究成果を発表しています。今年はこれまでの研究に加え、シロツメクサの就眠運動についての研究にもチャレンジしました!

Back to Top ▲