産総研トップへ

2015年 産総研つくばセンター 一般公開:チャレンジコーナー&サイエンスコーナー


チャレンジコーナー & サイエンスコーナー

チャレンジコーナー(オレンジ色の見出し)は、おもに小中学生向け。楽しみながら科学技術にふれられます。
改行スペース(工作や体験は小中学生優先でお願いします)。
サイエンスコーナー(青色の見出し)は、ちょっと大人向けで、産総研の研究成果や最新の科学技術を、研究者自らが紹介します。

▶A会場 (共用講堂)
A会場B会場C会場D会場E会場

1 光をつかって型どり!

「光硬化樹脂」ははじめは液体で、紫外線という光をあてると固まる材料です。金属製の型の上に液体の光硬化樹脂をたらしてブラックライトで紫外線を3秒当てると型どり完成。できあがった型はプレゼント♪

集積マイクロシステム研究センター

2 摩擦とあそぼう!

ふだん気にもしてませんが、「まさつ」がなかったら私たちは、ものを持つことも、立って歩くこともできません。「摩擦によってどのようなことが起こるのか?」を体験できるオモチャを使って考えましょう。

製造技術研究部門

3 災害医療を学ぼう「災害医療クエスト」

災害医療を学ぼう「災害医療クエスト」イメージ写真

タブレットを持って、DMAT(災害医療派遣チーム)と一緒に、災害医療ボランティアの体験をしてみませんか? 表示されるクエストをクリアすると次の指令が出ます。クエストに挑戦しながら災害医療を楽しく学びましょう!

人間情報研究部門

4 はんこ名人 -オリジナルはんこ作りに挑戦-

超小型の工作機械「はんこ名人」を使えば、自分でつくったデザインをなぞるだけではんこを彫ることができます。世界に1つしかないオリジナルはんこをつくってみませんか?

【体験は1時間に1回、抽選で6人ずつ】

製造技術研究部門

▶B会場 (地質標本館 ・ 7-1棟周辺)
A会場B会場C会場D会場E会場

5 実験で学ぶ火山の噴火

地下のマグマが透けて見える“シースルー火山”を使って火山を噴火させてみます。この噴火は安全です。実験の材料は家庭でも使われるアノ洗剤? キミは無事に火山の謎を解明することができるかな?!

活断層・火山研究部門

6 石を割ってみよう!

「石を割ってみよう!」イメージ写真

岩石はみんな硬いものですね。でも、岩石にはいろいろな種類があり、硬さや割れ方が種類によって違います。自分で石をハンマーでたたき割って、違いを比べてみましょう。割った石はおみやげに!

地質情報研究部門

7 地盤の揺れるようすを目の前で見てみよう!

地盤のちがいで地震の揺れ方は大きく変わります。かたい地盤とやわらかい地盤の模型を揺らしてみて、揺れのちがいをたしかめましょう。また、実際の地震ではどうなっているのか、揺れのデータを音と動画で感じてみましょう。

活断層・火山研究部門

8 新治花崗岩と新治台地に残る石造文化財

「新治花崗岩と新治台地に残る石造文化財」イメージ写真

新治台地の北西端の山々の南斜面に「新治花崗岩」(両雲母花崗岩)が分布します。茨城県指定の石造文化財のほとんどが、新治花崗岩を使っていて、新治台地とその周辺にあります。



地圏資源環境研究部門

9 断層はどっちに動く? 模型で実験しよう!

地震を起こす「断層」は、様々な要因でずれ方が変わってきます。断層のずれを観察するために発砲ウレタンの模型を用意しました。横から押してみて、どんな断層がどんなふうに動くのか確かめましょう。

活断層・火山研究部門

10 地震の起きるようすを目の前で見てみよう!

「地震の起きるようすを目の前で見てみよう!」イメージ写真

岩石ブロックや、岩石に似た性質のコンクリートブロックで、迫力ある破壊実験を行います。地震は、地下の岩石が強い力で破壊され、その衝撃が波になって地表を揺らす現象であることを体感できます。

活断層・火山研究部門

▶C会場 (2-1棟ロビー)
A会場B会場C会場D会場E会場

11 20万分の1日本シームレス地質図(西日本)地面貼りと地質図Navi

日本シームレス地質図(西日本~南西諸島)をでっかくプリントして地面に貼りました。西日本の上空を歩くように地質を見てみましょう。地質図Naviで、この地質図をスマホに入れて持って帰りましょう。

地質情報研究部門、地質情報基盤センター

12 「標準」ってなんだろう?

「標準」ってなんだろう?イメージ写真

体験しながら「標準」を考えてみよう! ①感覚だけで正確に1メートルをあてられる? ②キミはどのくらい身の回りの標準を知ってるだろう? ③ちょっとずつ変わってく景色の変化に気づくかな?

知的財産・標準化推進部

▶D会場 (本部情報棟)
A会場B会場C会場D会場E会場

13 エキソソームって何?十万倍で見る生体の謎

私たちの身体は何十兆個もの細胞からできています。細胞が膜小胞を放出して、ほかの細胞に情報を伝えていることがわかってきました。この“細胞の小包”エキソソームの謎を電子顕微鏡で解き明かす研究を紹介します。

バイオメディカル研究部門

14 植物の中のアクセルとブレーキ ~植物のチカラでものづくり~

植物の中では、遺伝子の働きをコントロールする小さなブレーキとアクセルが活躍しています。一つひとつのブレーキをアクセルに、アクセルをブレーキに変えることで可能になった、ブレーキとアクセルのはたらきや表面クチクラができる仕組みの研究、植物を使った「ものづくり」を紹介します。

生物プロセス研究部門

15 カオスってなに?

「カオス」というのは、規則的に作られるのに予測不可能になる不思議な現象です。ロジスティック写像など有名なカオスの例を示しながら、カオスを見るための遅れ時間座標などを分かりやすく説明します。

人間情報研究部門

16 電子回路を印刷でつくる!

精密な電子回路を印刷でつくる技術を紹介します。薄いプラスチック樹脂基材は、曲げたり丸めたりすることもできるので、いままで難しかった使い方や、組み込み方などができるかもしれません。

フレキシブルエレクトロニクス研究センター

17 電気のエネルギーとパワーエレクトロニクス

私たちの暮らしに電気は欠かせません。「パワーエレクトロニクス」は、電気のエネルギーを賢くムダなく使うための技術です。パワーエレクトロニクスが果たす役割と将来に向けた新しい技術の現状を紹介します。

先進パワーエレクトロニクス研究センター

18 地下の微生物を調べてみよう!

「天然ガス」は地下でどのようにつくられるのでしょう? 世界の天然ガス資源の2割は微生物がつくったといわれています。地下微生物研究の一部が体験できて、天然ガスをつくる「光る菌」カードがもらえるよ。

地圏資源環境研究部門

19 手作りコンピュータ最初の一歩 ラムちゃんとリングくんボードを作ってみよう

「手作りコンピュータ最初の一歩」イメージ写真

自分がコンピュータの基本部品「さかさまくん」になった気分で、楽しくお話しを聞いたあとは、勉強した回路を親子で実際に部品をハンダづけしてつくってみましょう。自分で組みたてたボードはちゃんと動くかな?

【1日3回、1回12組ずつ:抽選制(対象年齢:小学4年生以上)】

※整理券制を予定しておりましたが、当日の混雑緩和のため抽選制に変更となりました。パンフレットでも整理券制となっていますが、抽選制です。予めご了承ください。

ナノエレクトロニクス研究部門

20 脳の判断力をスピードアップしよう!

ものを見たり、音を聞いたりしたとき、それが何かを判断するのに脳はどれくらいの時間を必要とするでしょう? 脳科学実験で使われているのと同じテストで、判断にかかるスピードを測ってみませんか?

人間情報研究部門

21 まぜてこねてつくる玉虫色

「ヒドロキシプロピルセルロース」という不思議な粉(食品にも使われるもので安全です)に水をくわえて、よ~くまぜましょう。最初はパサパサしていたのが、こねてるうちに・・・キレイな色に変わっていきます!

機能化学研究部門

22 UFO浮遊体感、ミラクル・フォース・リアクター

産総研が発明した世界初の「3D触力覚技術」は、指先につけた小型デバイスが、まるでそこに実体があるかのような、触っている「体感」や「操作感」を感じさせてくれます。驚きのバーチャルリアリティを体験してみましょう。

人間情報研究部門

23 科学絡繰(かがくからくり)

「科学絡繰(かがくからくり)」イメージ写真

太古に日本海が拡大した時のようすを示す模型(縦横50センチくらい?)を、1日かけて製作します。非常に複雑で、行ったり来たりの製作工程を(ずっと見てるのは無理なので)何度かブースに立ち寄ってご覧ください。

地質情報研究部門

24 堆積平野の基盤深度模型

「堆積平野の基盤深度模型」イメージ写真

20万分の1スケールの、関東平野・濃尾平野・大阪平野・甲府盆地の基盤深度模型を展示します。模型を見ながら、巨大地震の際の長周期地震動の原因や、活断層と地下深部の基盤のずれの関係などを解説します。

地質情報研究部門

25 宇宙から地球を観察しよう!

2つの衛星画像検索システムの使い方を紹介します。面白い雲を探したり、地形や海の変化を見つけたり、火山噴火や火災の状況、季節で変化する自然のようすなども調べられます。夏休みの自由研究にも使えるかも?

人工知能研究センター

26 心臓を助けるポンプをつなげてみよう

「心臓を助けるポンプをつなげてみよう」イメージ写真

心疾患の症状が重くなってしまった患者さんに血液ポンプをつける治療法があります。産総研では、治療に不可欠な「血液と親和性の高いポンプ」を開発しています。今回は、ポンプを体に取り付ける手術のシミュレーションも行います。

健康工学研究部門

27 はかるんウォッチ ~砂の時計を作ろう~

私たちは何気なく時計を見ていますが、正確な時計がなければ気分によって時の流れは違ってしまいます。誰かと待ち合わせをしたり同じ時を共有することもできません。砂時計をつくりながら「時間を測る」を考えましょう。

計量標準総合センター

28 はかるんウォッチ ~けいそくは大事~

重さ、長さ、電気・・・私たちのまわりにある「量」。私たちは、量を計るのに、さまざまな「はかり(計測装置)」を使い、それを「単位」で表します。いろいろな測定を体験して、計測と単位の大切さを考えましょう。

計量標準総合センター

29 不思議な鏡を作ってみよう

どっちから見ても自分が映ってる! そんな不思議な鏡を見たことがありますか? この不思議な鏡は、実はいろんなところで使われているんです。不思議な鏡を作りながら、どんなところで使われているか考えてみましょう。

工学計測標準研究部門

30 時短デザイン:時間デザイナーになろう!

早く正しく情報を伝えることはとても大切です。どのくらいの時間でどれだけのことがわかるのか最新の時短デザイン研究をゲームで体験しよう。学んだら「時短デザイン認定シール」がもらえます!

人間情報研究部門

31 気仙沼の復興屋台村をバーチャルに体験

東日本大震災での被災地復興で作られた「復興屋台村 気仙沼横丁」。3次元CGで再現された復興屋台村をヘッドマウントディスプレイを使って体験し、バーチャル散歩してみましょう。きっと現地に行ってみたくなります。

人間情報研究部門

32 災害避難シミュレータで逃げ道を考えよう

「逃げ地図シミュレータ」は、災害避難シミュレーションゲームです。街の防災担当になりかわって、災害が起きたときに住民がより早く安全に逃げるための「逃げ道」を確保する任務を遂行しましょう。

人間情報研究部門

33 災害調査ロボットシステム

台風や豪雨による土砂災害や、火山や地震による大規模災害時に、人が踏み込めない現場で初期調査を行うための、無線遠隔操縦型の災害調査ロボットを、デモンストレーションとシミュレータで紹介します。

知能システム研究部門

34 エンジンを回してみよう!

本物のエンジンを用意しました。クルマなどに搭載されたものではない、単体のエンジンを始動してみましょう。排気の音、振動、排出ガスのにおい・色などを体感してください。また、エンジンの仕組みをわかりやすく解説します。

省エネルギー研究部門

▶E会場 (2-12棟周辺)
A会場B会場C会場D会場E会場

35 ラクチン、寝そべり自転車に乗ってみよう!

「ラクチン、寝そべり自転車に乗ってみよう!」イメージ写真

いろんな形、いろんな仕組みの「おもしろ自転車」の試乗会です。 乗車姿勢とペダルの動き方を研究してできた、楽に速く走れる自転車を試してみましょう。すでに空港で活躍している「金属を使わない竹の車いす」も展示します。

健康工学研究部門

36 太陽電池を作ってみよう!

結晶シリコンの薄い板(「ウエハ」っていいます)をハンダ付けすると太陽電池ができます。LEDやオルゴールにつないでみましょう。ハイビスカスティーの色素を使うと色素増感太陽電池がつくれます。

太陽光発電研究センター

37 もっと知りたい!いろんな太陽電池

太陽電池といえばシリコン? いいえ、黒いCIGS太陽電池、巻物にできる薄膜シリコン太陽電池、透明な有機太陽電池など、いろんな太陽電池がありますよ。太陽エネルギーから水素をつくるシステムも紹介します。

太陽光発電研究センター

38 身近な事故を調べてみよう!

化学物質に関連する事故を調べることができるデータベースを紹介します。自分たちが使っている化学物質に関する事故や、職場・学校・教育現場でこれまでに起きた事故例などを調べてみましょう。

安全科学研究部門

39 光で水をきれいにする -光触媒で水中汚染物質を分解-

「光で水をきれいにする -光触媒で水中汚染物質を分解-」イメージ写真

地球上にはキレイな飲料水が得られずに苦しんでいる地域がたくさんあります。熱帯地域が抱えるこの問題の解決に、太陽光で有害物質を分解する「光触媒」でチャレンジしています。色水をつかった実験で考えてみましょう。

環境管理研究部門

40 「砂から未来材料」をめざす!

砂の中には「ケイ素」という元素がたくさん含まれています。ケイ素は、コンピューターの心臓部から、調理器具、シャンプーまで、そこらじゅうに使われています。ケイ素を使った「未来材料」開発の現状を紹介します。

触媒化学融合研究センター

41 「焼き物」でできた燃料電池

最近、家庭にも普及してきた燃料電池ですが、最近あらわれた高効率燃料電池「SOFC(固体酸化物形燃料電池)」は、日本人には古くからなじみの深い「焼き物」でできています。模型などを使ってしくみを解説します。

省エネルギー研究部門

42 見えて触れる固体材料の熱的性質

「熱」といえば、私たちが感じる“温かい”とか“冷たい”とかいう感覚を思いうかべますね。でも、生き物だけじゃなくて、モノも熱を感じてるって知ってますか? モノが熱をどう感じているのか調べてみましょう。

物質計測標準研究部門

43 結晶の花を咲かせよう

過飽和溶液中で硫酸ナトリウムの針状結晶が析出する様子を観察します。次に、ろ紙またはモールを加工し、尿素液に浸しておみやげをつくります。世界で一つの結晶の花を咲かせましょう。

ナノ材料研究部門

44 風の力を体感しよう!

風によって翼がどのようなに力を受けるのかを、見て感じましょう。風車が回ったり、飛行機が飛ぶ原理が理解できます。非接触吸着など空気の力を利用した技術を、体験しながら学んでいきましょう。

省エネルギー研究部門

45 色が変わる化学を身近なもので感じよう

「色が変わる化学を身近なもので感じよう」イメージ写真

ムラサキキャベツやアジサイなどに含まれ、酸性・アルカリ性で色が変わる「アントシアニン」を紹介します。安全な材料から、色が変化する不思議なイクラを作り、身の回りのものの性質をチェックしてみましょう♪

イノベーションスクール

A会場B会場C会場D会場E会場

お問い合わせ先:
産業技術総合研究所 企画本部 広報サービス室
電話:029-862-6214 FAX:029-862-6212
Eメール:tuskuba2015-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)