English

 

エネルギー・環境領域

世界的規模で拡大しているエネルギー・環境問題の解決に向けたグリーン・イノベーションの推進のため、温室効果ガスの排出量削減を実現する再生可能エネルギーなどの新エネルギーの導入を促進する技術(創エネルギー)、エネルギーを高密度で貯蔵する技術(蓄エネルギー)、エネルギーを効率的に変換・利用する技術(省エネルギー)、エネルギー資源を有効利用する技術、環境リスクを評価・低減する技術の開発を進めています。

テニュアトラック型研究員(任期付)またはパーマネント型研究員(任期無)

テニュアトラック型(任期付:任期 3~5年)

パーマネント型(任期無:定年制
 
 以下の公募は、審査を踏まえてテニュアトラック型(原則5年任期)またはパーマネント型のいずれを適用するかを決定いたします。テニュアトラック型の任期については、候補者の経歴や業績等を考慮した上で、任期の短縮(たとえば3年間)を提示することがあります。テニュアトラック型で採用された場合、任期終了の概ね1年半前に、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の研究員となるための審査(以下「パーマネント化審査」という。)を受けることが可能です(テニュアトラック制)。
 
2019年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題
【応募〆切:2019年5月10日(金) 17:00(JST)】

公募番号
エネ環ー1
公募課題名
再生可能エネルギーの大量導入のための研究開発
課題の概要と必要とする人材 再生可能エネルギーの大量導入を実現するため、 1)エネルギーネットワーク等統合技術及び情報技術、パワエレ機器等要素技術の開発を電力系統解析の観点から担える研究 2)太陽光発電システムの発電予測・制御・最適化技術を利用した電源価値向上、発電設備等の信頼性、安全性向上に資する研究 3)余剰電力を活用した水素製造、精製、定置用エネルギーシステム、燃料電池、太陽熱・蓄熱等の熱利用技術等を連携した新しい社会システムの研究開発・実証を行う研究 4)風力発電の健全な発展に資するアセスメント技術の高度化に関する研究 を推進する。 各研究開発に必要な深い知見と優れた研究業績を有し、研究開発に意欲的に取組む人材を募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
再生可能エネルギー研究センター、太陽光発電研究センター
関連情報 http://www.aist.go.jp/fukushima/ja/unit/WPT.html 
https://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/r_teams/PVSAT/index.html
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 若干名
公募番号
エネ環ー2
公募課題名
太陽電池性能評価技術に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 太陽光発電システム普及のための基盤となる太陽電池性能評価技術の高度化・新評価測定技術の研究開発、また、開発した技術の普及、国際標準化に貢献できる研究者を募集する。太陽電池性能評価の基礎となる半導体デバイス工学、電気・電子工学、計測工学等に関する高度な知識と経験を有すること。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
太陽光発電研究センター、再生可能エネルギー研究センター
関連情報
https://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/r_teams/CSMT/index.html
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
エネ環ー3
公募課題名
化学エネルギー貯蔵に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 新規なエネルギー貯蔵・輸送技術を実用化するための触媒、合成、燃焼、利用技術等の研究開発を担う人材を広く募集する。水素エネルギーシステムに精通し、水電解技術、エンジン利用技術、各種計測技術等に関する深い知識と経験を持ち合わせ、相応の研究業績を有すること。高効率なアンモニア製造に係る触媒技術に関する深い知見を有し、相応の研究業績を有すること。新規な電極触媒または電解質膜を適用した燃料電池の開発の推進のために、その基礎となる電気化学,界面科学,触媒化学等の分野に高度な知識や分析・解析を含めた実験技術を有すること。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
再生可能エネルギー研究センター、電池技術研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/riecen/
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 2名
公募番号
エネ環ー4
公募課題名
先進パワーエレクトロニクスに関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 ワイドギャップ半導体に立脚した先進パワーエレクトロニクス技術の確立と普及を目指した研究開発を行う。そのための革新的なウェハ/デバイス/モジュール/応用機器実現に向け、半導体及び関連材料の物性理解にもとづくプロセス技術/評価技術とその統合化に関するスキルや経験、並びにパワーエレクトロニクス応用に関する知見と熱意を有する人材を募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
先進パワーエレクトロニクス研究センター
関連情報
https://unit.aist.go.jp/adperc/ci/
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 2名
公募番号
エネ環ー5
公募課題名
メタンハイドレート資源の安定生産に関する研究開発またはガスハイドレート機能活用に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 エネルギー資源の安定供給に向けて、メタンハイドレート層からの安定なガス生産を行うために必要な天然堆積物分析や生産に係る研究開発等を行う。また、エネルギー輸送・貯蔵等の分野におけるハイドレート機能を活用した環境調和型技術開発を行う。物理化学、油層工学、資源工学、材料工学、計算化学等をベースとし、エネルギー資源の開発・利用に関する基礎知識を有した優れた研究者を広く募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
創エネルギー研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/rief/mhpu/index.html
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
エネ環ー6
公募課題名
エネルギー資源の環境調和型利用技術に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 エネルギー資源の安定供給や温室効果ガス排出削減に向けたエネルギー資源の環境調和型利用技術として、新たなエネルギー資源転換プロセスの開発や、水素・エネルギーキャリア、メタン・メタノールなどの化学系エネルギー媒体等のエネルギー貯蔵・輸送技術とそれを利用した低炭素化のためのエネルギーシステムに関する研究開発等を行う。プロセス工学、反応工学、触媒、材料科学、固体物理、あるいは機械工学等をベースとし、新規エネルギーシステムの開発や、そのために必要な反応プロセス、シミュレーション、触媒、水素貯蔵材料、カーボン材料、耐水素脆化材料等の開発・評価に意欲的な研究者を広く募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
創エネルギー研究部門
関連情報 https://unit.aist.go.jp/rief/intro/index.html 
https://unit.aist.go.jp/rief/groups/index.html
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
エネ環ー7
公募課題名
電池技術に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 次世代電池研究開発のベースとなる材料科学において、材料の機能発現の解明や材料設計のために計算化学、材料化学、または新規電池材料の開発推進のために化学、電気化学のポテンシャルと実験技術をもち、革新的電池開発に意欲的に取組む人材を募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
電池技術研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/riecen/
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
エネ環ー8
公募課題名
省エネルギー技術に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 熱利用システムの高効率化技術、固体酸化物形燃料電池、熱電変換、エネルギー貯蔵や超電導技術等の高効率エネルギー変換・貯蔵技術等、熱・電気・化学エネルギーの高度利用技術を通して省エネルギー技術の研究開発に貢献できる研究者を募集する。 省エネルギー技術に資する要素機器・システム技術に関する優れた研究業績、 熱物質移動、エネルギー材料、エネルギー変換やエネルギー貯蔵に関する深い知見を有すること。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
省エネルギー研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/ieco/
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
エネ環ー9
公募課題名
環境保全型物質循環に資する計測技術の開発
課題の概要と必要とする人材 環境保全型物質循環に資する有用・有害化学物質の計測技術あるいはそれら物質の生体応答評価技術の開発に貢献できる人材を募集する。化学、環境科学、材料科学、化学工学、分子生物学、薬学のいずれかで深い知見を有し、優れた研究業績を有すること。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
環境管理研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/emri/
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
エネ環ー10
公募課題名
材料資源循環技術に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 都市鉱山に代表される人工資源、ならびに天然資源を対象とし、有価材料資源等の効率的な選別回収に関する高度化、自動化のための技術開発を推進できる意欲的な研究者を広く募集する。資源工学、粉体工学、化学工学、土木工学、機械工学、電気電子工学、情報工学のいずれかで深い知見を有し、優れた研究業績を有すること。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
環境管理研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/emri/
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
エネ環ー11
公募課題名
安全管理政策に資するリスク評価研究
課題の概要と必要とする人材 反応性化学物質や水素等の可燃性ガス等の燃焼・爆発現象が人体および構造物等へ与える影響の評価および、 それらの新規技術の社会実装が環境、社会に与える影響を評価する手法の開発に資する人材。 安全工学、燃焼・爆発工学、衝撃工学、流体工学、資源工学のいずれかに関する専門的な知識と研究経験を有すること。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
安全科学研究部門
関連情報
https://www.aist-riss.jp/
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名

プロジェクト型任期付研究員

 特定のプロジェクトを推進するため、必要な専門性を有し、中心的な役割を担う即戦力となる研究人材を、博士の学位を有する者又はそれらに相当する研究能力・研究実績を有する者の中から採用します。本制度にて採用された場合、プロジェクトに対する特命研究員として採用されるため、このプロジェクトに対して専従することが採用の要件となります。また、本研究職員は、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の職員となるパーマネント化審査を受けることはできません。

2019年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題
【応募〆切:2019年5月10日(金) 17:00(JST)】
公募番号
エネ環-17
公募課題名
メタンハイドレート貯留層モデル構築と生産挙動予測に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 メタンハイドレート堆積層から、エネルギー効率良くガスを生産する手法を開発するために、堆積学的アプローチまたは天然堆積物試料の分析を基に貯留層モデルの構築および高精度生産挙動予測技術を開発する。油層工学、貯留層工学、地球科学、土質工学、地質工学分野に高度な知識及び実験・解析技術を有すること。
採用年月日 2019年10月1日から2020年4月1日までのいずれかの日(審査の過程で決定)
任期 最大2022年3月31日まで
配属予定ユニット
(勤務地)
創エネルギー研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/rief/mhpu/index.html
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp (*を*に変換してください)
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
エネ環-18
公募課題名
メタンハイドレート層の安定性評価に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 メタンハイドレート資源からの天然ガス生産過程における地盤の安定性を評価するために地層の変形挙動や安定性評価技術を開発する。土質工学、地質工学、油層工学、貯留層工学分野に高度な知識及び実験・解析技術を有すること。
採用年月日 2019年10月1日から2020年4月1日までのいずれかの日(審査の過程で決定)
任期 最大2022年3月31日まで
配属予定ユニット
(勤務地)
創エネルギー研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/rief/mhpu/index.html
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp (*を*に変換してください)
(*を@に変換してください)
募集人員 1名

年俸制任期付研究員

 産業技術総合研究所(産総研)は、特定の重点研究課題を機動的・効果的に推進するため、優れた研究実績又は高い研究マネジメント能力を有する研究人材を、研究実績、経験、能力を勘案した年俸制任期付研究員として、国内外問わず、積極的に採用します。本研究職員は、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の職員となるパーマネント化審査を受けることはできません。

2019年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題
【応募〆切:2019年5月10日(金) 17:00(JST)】

公募番号
エネ環-12
公募課題名
風力発電アセスメント技術研究開発
課題の概要と必要とする人材 風力発電の健全な発展に資するアセスメント技術の高度化に関する研究を推進するため、洋上を含めた風車サイトフィールド計測、風車の性能・騒音・荷重等の各種計測と評価、CFD・気象シミュレーション技術に関する研究開発において豊富な経験を有するとともに、研究立案・マネージメントにも優れた研究者を広く募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
再生可能エネルギー研究センター
関連情報
https://www.aist.go.jp/fukushima/ja/unit
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
エネ環-13
公募課題名
再生可能エネルギー大量導入に対応する水素・熱システム技術開発
課題の概要と必要とする人材 再生可能エネルギーの大量導入の実現に向けて、水素を用いたエネルギーシステムの実証研究を行うため、プラントエンジニアリング、電力システム、制御工学、ICT工学等の経験を有し、関連企業と協力して、水素製造・水素輸送・利用にかかわるシステムの実証を遂行できる研究人材を広く募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
再生可能エネルギー研究センター
関連情報
https://www.aist.go.jp/fukushima/ja/unit
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
エネ環-14
公募課題名
化合物薄膜太陽電池高性能化技術の研究開発
課題の概要と必要とする人材 半導体薄膜の製膜・プロセス・評価技術に関する知識と経験を5年以上有し、またCIS化合物半導体太陽電池のプロセス技術、真空製膜技術に関する経験を有する研究者を募集する。採用時に博士の学位を有すること。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
太陽光発電研究センター、再生可能エネルギー研究センター
関連情報 https://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/index.html 
https://www.aist.go.jp/fukushima/ja/unit
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
エネ環-15
公募課題名
先進パワーエレクトロニクス応用普及に関する開発
課題の概要と必要とする人材 ワイドギャップ半導体に立脚した先進パワーエレクトロニクス技術の普及促進に向けた連係研究開発とその企画を行う。そのため関連プロセス技術/評価技術とその統合化に関するスキルや知見、並びに高い企画マネージメント力と科学技術の産業応用を実践した経験を有する人材を募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
先進パワーエレクトロニクス研究センター
関連情報
https://unit.aist.go.jp/adperc/ci/
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
エネ環-16
公募課題名
先進パワーエレクトロニクス回路/機器に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 ワイドギャップ半導体の特性を最大限活用できるパワー回路/実装技術の研究開発を行う。革新的性能を有する電力変換器の実現に向け、パワー回路の設計/実装/特性評価に関するスキルと経験、パワエレ機器応用に関する知見を有するとともに、本研究課題を機動的・効果的に推進するための優れた研究実績または高い研究マネジメント能力を有する人材を募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
先進パワーエレクトロニクス研究センター
関連情報
https://unit.aist.go.jp/adperc/ci/
問い合わせ先 エネルギー・環境領域研究戦略部
E-mail: saiyou-eneenv-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所