English

 

社会の中で、社会のために~新型コロナウイルス感染症に関連した産総研の取り組み

「社会の中で、社会のために」を標榜する当所にとって、この世界的な難局を打開し、一刻も早く社会を平常に戻すために挑み続けることは社会的な使命です。また、今まさに日々の生活が営まれている、変容してしまったこの社会の支えになることも同じように重要な使命と考えております。

これらの使命に対して、私たち産総研は最先端の研究開発と他機関との連携、そして、感染の拡大防止に向けた「Stay at Home」に役立つ情報発信などに取り組んでまいります。

新型コロナウイルス感染症対策のための研究活動

新型コロナウイルス感染症対策、拡大防止のため、産業技術総合研究所は以下の研究活動を実施しています。 新たな取組を行い次第、随時更新してまいります。

AI向けクラウド型計算システム「ABCI」を新型コロナウイルス感染症対応に無償提供

産総研は、新型コロナウイルス感染症対策に向けた「治療」「防疫」「創薬」「感染拡大に関わる分析・予測」に関して、革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)が実施する「新型コロナウイルス感染症対応臨時課題」の公募を通じてAI向けクラウド型計算システムABCIの無償提供を行います。

新型コロナウイルスRNAを対象とした測定能力の国際比較

新型コロナウイルスの感染を確定させるためのPCR検査キットや検査プロトコールの信頼性を向上させるためには、ウイルス遺伝子の定量に関する標準化が必要です。このため、現在、産総研を含む各国の国家計量機関等が新型コロナウイルス由来のRNAを対象とした測定能力の国際比較を計画しています。

RNAのイメージ写真

新型コロナウイルス治療薬候補となる既承認薬の発見

産総研は、国立感染症研究所等と協力して、既存承認薬の中から新型コロナウイルス治療薬の候補を絞り込み、抗エイズウイルス(HIV)薬ネルフィナビルと白血球減少症治療薬セファランチンの併用により効果的に新型コロナウイルスを排除できる可能性をコンピュータ解析により見出しました。

ネルフィナビルが、ウィルスの増殖に関連するメインプロテアーゼの活性部位に結合して活性を阻害している分子モデル

迅速診断用PCR機器の開発と社会実装

産総研で開発した「迅速」 「小型化」を目指した新規PCR技術は、短時間のうちに細菌・ウイルスを同定できる小型の超高速遺伝子定量装置「GeneSoC」に活用され、国内の医療機関で実利用が進められています。引き続き、より確実で信頼性の高いウイルスの検出装置の開発を実施します。

ウィルス培養作業のイメージ写真

ご自宅で楽しめる科学技術コンテンツ

新型コロナウイルス感染症拡大に伴って学校の休校などの措置が取られるなか、お子様から大人の方までご自宅で楽しめる情報の発信を拡充しました。

さんそうけんサイエンスタウン

キッズ向けコンテンツとして提供しておりました「さんそうけんサイエンスタウン」のデザインをリニューアルするとともに、産総研が発信しているさまざまなコンテンツをまとめました。
工作やロボットの動画、そして、講談社ブルーバックスとコラボレーションした「さがせ!おもしろ研究!ブルーバックス探検隊」や研究者が最先端のサイエンスをやさしく解説する科学イベントの動画など、お子様から大人の方までお楽しみいただけるコンテンツをまとめています。

太陽光発電パネルの写真

研究者が語る!1分解説

産総研は日々の研究開発から生まれる成果をプレスリリースしています。研究成果にはもちろんそれを研究開発した研究者がいますが、一般公開などの科学イベント以外では、なかなか一般の方が接する機会がないと思います。
「研究者が語る!1分解説」ではプレスリリースの一部で研究者自身がその成果をできるだけわかりやすくみなさまにお届けします。

1分解説のイメージ写真

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所