English

 

計量標準総合センター

計量標準総合センター(NMIJ)は、持続可能な社会の構築、生活・環境の評価と向上、産業の国際競争力強化への貢献を目指し、国家計量標準機関(NMI: National MetrologyInstitute)として国が整備すべき計量標準の開発・供給と利活用促進、計量標準の普及、計量標準に関連した計測技術の開発、法定計量業務の実施と人材の育成について重点的に取り組みます。


テニュアトラック型研究員(任期付)またはパーマネント型研究員(任期無)

以下の公募は、審査を踏まえてテニュアトラック型(原則5年任期)またはパーマネント型のいずれを適用するかを決定いたします。テニュアトラック型の任期については、候補者の経歴や業績等を考慮した上で、任期の短縮(たとえば3年間)を提示することがあります。テニュアトラック型で採用された場合、任期終了の概ね1年半前に、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の研究員となるための審査(以下「パーマネント化審査」という。)を受けることが可能です(テニュアトラック制)。
 

テニュアトラック型(任期付:任期 3~5年)
パーマネント型(任期無:定年制

2021年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題
【応募〆切:2021年5月11日(火) 12:00 ※正午(JST)】
公募番号
NMIJ-1
公募課題名
高精度物理量標準に係る計測基盤の開発とその応用
課題の概要と必要とする人材 近年急速に進展する情報化技術に適応した安全安心な社会を実現するために、物理量標準(幾何学量、力学量等)の高度化を行うと共に、それらを応用した高精度計測技術の研究開発に取り組む。機械工学、電気電子工学、応用物理、計測制御の知識と実験経験を有する意欲的な研究者を広く募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
工学計測標準研究部門(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/riem/
問い合わせ先 E-mail:riem-recruit-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
Tel.029-861-1420
募集人員 2名
関連する技術分野 機械工学 電気電子工学 応用物理学・工学基礎 物理学 情報学
公募番号
NMIJ-2
公募課題名
データサイエンスを基にした計測基盤技術の開発
課題の概要と必要とする人材 近年のデジタルトランスフォーメーションの急速な導入・普及により、計測分野では、統計的手法・機械学習を用いたデータ処理手法の開発や、ブロックチェーンを利用した計測データ管理の効率化等についてのニーズが高まっている。これらの計測全般のニーズに対応したデータサイエンス手法の適用に関する研究開発及びその関連業務を行う。機械学習、セキュリティ等の情報学分野や、実験及びシミュレーションのデータ処理等の応用統計分野について知識と技能を有する研究者を募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
工学計測標準研究部門(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/riem/
問い合わせ先 E-mail:riem-recruit-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
Tel.029-861-1420
募集人員 1名
関連する技術分野 情報学 数物系科学 総合理工 工学 
公募番号
NMIJ-3
公募課題名
物理量の精密計測技術とその応用に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 物理量(時間・周波数、電気・磁気、レーザパワー)の精密計測技術の研究開発及びそれらを利用した極限計測技術の研究開発に取り組む。応用物理、電気・電子、計測・制御、機械工学、物理、材料科学等に関する知識と実験経験を有する意欲的な研究者を広く募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
物理計測標準研究部門(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/ripm/index.html
問い合わせ先 E-mail:ripm-saiyo-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
Tel.029-861-1430
募集人員 3名
関連する技術分野 工学 数物系科学 総合理工 情報学 複合領域
公募番号
NMIJ-4
公募課題名
固体試料の直接定量のための分析技術の開発
課題の概要と必要とする人材 固体試料の含有成分を信頼性高く簡便迅速に分析評価する技術の確立は、製品製造における品質管理や汚染物質のスクリーニング等において極めて重要である。原子スペクトル分析法等を活用し、前処理を極力排除した固体試料成分分析を可能とする計測技術およびデバイス開発を行うとともに、分析値の信頼性確保につながる標準物質の開発を実施する。産業競争力強化、社会課題解決に横断的な利用を可能とする当該研究開発に意欲的に取り組む、分析化学、材料科学、分光学等に経験と知識を有する研究者を募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
物質計測標準研究部門(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/mcml/
問い合わせ先 E-mail:mcm_recruitment-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
Tel: 029-861-1420
募集人員 1名
関連する技術分野 化学 工学 総合理工 環境学 数物系科学
公募番号
NMIJ-5
公募課題名
熱エネルギー輸送特性の評価技術に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 持続可能な省エネルギー社会の実現に向けて、フォノンのスペクトル的な制御に立脚した革新的な排熱や断熱材料の開発が進められており、フォノン情報を反映した熱エネルギー輸送特性の新たな評価手段が求められている。結晶格子と構造情報を融合した熱エネルギー輸送特性の評価技術の開発、およびこれを生かした新たな熱制御技術への展開に取り組む。熱輸送解析・制御に関連する学問分野の基礎知識と経験を有し、新たな測定技術の開発に意欲的に取り組める研究者を募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
物質計測標準研究部門(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/mcml/
問い合わせ先 E-mail:mcm_recruitment-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
Tel: 029-861-1420
募集人員 1名
関連する技術分野 化学 工学 総合理工 環境学 数物系科学
公募番号
NMIJ-6
公募課題名
材料・環境試料中の規制物質の分析技術に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 グリーン購入法に基づく輸出入品の成分分析、規制値調査のための食品分析や環境分析など、幅広い分野において材料・環境試料などのマトリックス中規制物質の適正管理に分析値の信頼性が求められている。増え続けている新規規制物質に対する分析精度が高く、かつ拡張性・汎用性を両立する、新たな分析技術の開発に取り組む。分析化学に関連する学問分野の基礎知識と経験を有する意欲的な研究者を募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
物質計測標準研究部門(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/mcml/
問い合わせ先 E-mail:E-mail : mcm_recruitment-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
Tel: 029-861-1420
募集人員 1名
関連する技術分野 化学 工学 医歯薬学 環境学 農学
公募番号
NMIJ-7
公募課題名
核医学、環境測定、食品安全のための放射能標準の研究開発
課題の概要と必要とする人材 核医学、環境測定、食品安全のための放射能標準に関連した各種研究開発に意欲的に取り組む研究者を募集する。本研究開発に関連する研究分野において十分な研究経験と専門知識に加え優れた研究業績を有している研究者を対象とする。なお第一種放射線取扱主任者を取得していることが望ましい。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
分析計測標準研究部門(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/rima/
問い合わせ先 E-mail:rima-saiyo-ml*aist.go.jp  
(*を@に変換してください)
Tel.:029-861-5300
募集人員 1名
関連する技術分野 数物系科学 工学 化学 環境学 農学
公募番号
NMIJ-8
公募課題名
量子ビームを用いた先端イメージング技術の開発と応用
課題の概要と必要とする人材 X線を中心とした先端量子ビームを用いたイメージング等の計測・解析技術に関する研究開発に取り組み、インフラ診断をはじめとする産業等における応用・社会実装を目指す。物理、化学、工学、情報科学など、関連分野の基礎知識と実験・解析技術を有する意欲的な研究者を募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
分析計測標準研究部門(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/rima/
問い合わせ先 E-mail:rima-saiyo-ml*aist.go.jp  
(*を@に変換してください)
Tel.:029-861-5300
募集人員 1名
関連する技術分野 総合理工 工学 数物系科学 化学 情報学

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所