English

 

計量標準総合センター

計量標準総合センター(NMIJ)は、持続可能な社会の構築、生活・環境の評価と向上、産業の国際競争力強化への貢献を目指し、国家計量標準機関(NMI: National MetrologyInstitute)として国が整備すべき計量標準の開発・供給と利活用促進、計量標準の普及、計量標準に関連した計測技術の開発、法定計量業務の実施と人材の育成について重点的に取り組みます。


テニュアトラック型研究員(任期付)またはパーマネント型研究員(任期無)

テニュアトラック型(任期付:任期 3~5年)

パーマネント型(任期無:定年制
 
 以下の公募は、審査を踏まえてテニュアトラック型(原則5年任期)またはパーマネント型のいずれを適用するかを決定いたします。テニュアトラック型の任期については、候補者の経歴や業績等を考慮した上で、任期の短縮(たとえば3年間)を提示することがあります。テニュアトラック型で採用された場合、任期終了の概ね1年半前に、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の研究員となるための審査(以下「パーマネント化審査」という。)を受けることが可能です(テニュアトラック制)。
 
2019年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題
【応募〆切:2019年5月10日(金) 17:00(JST)】

公募番号
NMIJ-1
公募課題名
高精度力学量標準の開発
課題の概要と必要とする人材 質量,流量,振動などの高精度な力学量標準は、ものづくりに欠かせない標準であり、省エネルギーや安全安心な社会の実現に大きな役割を果たす。より高度な力学量標準を開発するため、計測、機械工学、精密工学、応用物理、物理等に関する知識を有する意欲的な研究者を募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
工学計測標準研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/riem/index.html
問い合わせ先 E-mail : riem-recruit-ml*aist.go.jp
Tel.029-861-1420
(*を@に変換してください)
募集人員 2名
公募番号
NMIJ-2
公募課題名
法定計量に関する研究・検査・審査業務
課題の概要と必要とする人材 商取引に使用される計量器は計量法により規制されており、それらが市場で適正に使用されるためには産総研による検査や審査が不可欠である。これら法定計量に関する研究開発及び業務を行うため、機械工学や物理学の知識を有する研究者を広く募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
工学計測標準研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/riem/
問い合わせ先 E-mail : riem-recruit-ml*aist.go.jp
Tel.029-861-1420
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
NMIJ-3
公募課題名
精密分光計測・光制御技術とその応用に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 精密分光計測・光制御技術の研究開発及びそれらを利用した測光・放射量の極限計測技術の研究開発、並びにそれらを応用した新たな物性計測等の研究開発に従事する意欲的な研究者を広く募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
物理計測標準研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/ripm/index.html
問い合わせ先 E-mail: ripm-saiyo-ml*aist.go.jp
Tel.029-861-1420
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
NMIJ-4
公募課題名
化学分析や材料評価のための計測基盤技術開発
課題の概要と必要とする人材 安全安心な生活やものづくりの基礎となる、化学成分分析や材料評価のための技術基盤を構築するため、ガス成分や化学・バイオ関連物質などの高度な分析技術やナノ材料をはじめとする種々の材料の特性評価技術、並びにそれらを利用した標準物質の開発に取り組む。分光法、光センシング、質量分析法、クロマトグラフィ-などの化学成分の高感度・高精度分析技術や材料の計測・評価技術に関連する学問分野の知識を有する意欲的な研究者を募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
物質計測標準部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/mcml/
問い合わせ先 E-mail (mcm_recruitment-ml*aist.go.jp)
Tel.029-861-1420
(*を@に変換してください)
募集人員 2名
公募番号
NMIJ-5
公募課題名
中性子医療応用のための中性子標準の研究開発
課題の概要と必要とする人材 中性子医療応用のための中性子標準の確立に関連した各種研究開発に意欲的に取り組む研究者を募集する。本研究開発に関連する放射線計測、加速器などの分野において十分な研究経験と専門知識に加え優れた研究業績を有している研究者を対象とする。なお第一種放射線取扱主任者を取得していることが望ましい。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
分析計測標準研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/rima/
問い合わせ先 E-mail:rima-saiyo-ml*aist.go.jp
Tel.:029-861-5300
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
公募番号
NMIJ-6
公募課題名
先端材料評価のための分析機器・手法の開拓とその応用
課題の概要と必要とする人材 本公募課題では、イオン、光あるいはその他の高感度なプローブを用いた顕微鏡法、分光法または質量分析法によって機能性材料(特に有機、高分子及び生体構成物質)及びデバイスをナノメートルスケールで分析・評価するための計測機器及び方法論の開発を行う。該当する学術分野での博士号とその十分な知識、能力及び実績を有する意欲的な研究者を募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
分析計測標準研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/rima/
問い合わせ先 E-mail:rima-saiyo-ml*aist.go.jp
Tel.:029-861-5300
(*を@に変換してください)
募集人員 1名

年俸制任期付研究職員

 産業技術総合研究所(産総研)は、特定の重点研究課題を機動的・効果的に推進するため、優れた研究実績又は高い研究マネジメント能力を有する研究人材を、研究実績、経験、能力を勘案した年俸制任期付研究員として、国内外問わず、積極的に採用します。 本研究職員は、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の職員となるパーマネント化審査を受けることはできません。

2019年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題
【応募〆切:2019年5月10日(金) 17:00(JST)】

公募番号
NMIJ-7
公募課題名
先端計測利用技術の研究開発
課題の概要と必要とする人材 中性子やレーザーなどの量子ビーム技術を用いた先端計測分析に関する要素技術の開発、およびこれらを活用した計測システムの開発とその応用に関する研究を実施する。  このため、加速器技術、応用物理、物理、材料科学、電気、電子工学等に関する十分な知識と経験を有し、研究開発に意欲的な研究者を広く募集する。
採用年月日 2020年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
分析計測標準研究部門
関連情報
https://unit.aist.go.jp/rima/
問い合わせ先 E-mail:rima-saiyo-ml*aist.go.jp
Tel.:029-861-5300
(*を@に変換してください)
募集人員 1名

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所