計量標準総合センターの研究職員募集

計量標準総合センター(NMIJ)は、持続可能な社会の構築、生活・環境の評価と向上、産業の国際競争力強化への貢献を目指し、国家計量標準機関(NMI: National MetrologyInstitute)として国が整備すべき計量標準の開発・供給と利活用促進、計量標準の普及、計量標準に関連した計測技術の開発、法定計量業務の実施と人材の育成について重点的に取り組みます。


パーマネント型研究員(任期無)

以下の公募は、パーマネント型として採用します。

パーマネント型(任期無:定年制)

2024年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題
【応募〆切:2024年5月8日(水) 23:59(JST)】
 
公募番号
NMIJ-11
公募課題名
物理量の国家計量標準及び精密計測技術に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 計量標準総合センター工学計測標準研究部門では、長さ・幾何学形状計測、力学量計測・流体計測・物性計測等の物理量の精密計測技術、またそれら計測技術に基づく先端的な応用技術の研究開発、国家計量標準の開発に取り組む研究者を募集する。物理、応用物理、精密工学、機械工学、流体工学、制御工学、情報工学、プロセス工学等に関する知識と実験経験を有する研究者を対象とする。
博士の学位を有していないが、企業での実務経験を研究成果の社会実装や、国家計量標準の維持・管理・供給に生かす意欲のある方の応募も歓迎する。
採用年月日 2025年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
工学計測標準研究部門
勤務予定地 つくばセンター
関連情報 https://unit.aist.go.jp/riem/
問い合わせ先 E-mail: M-riem-saiyou-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 5名
キーワード 精密工学/機械工学/流体工学/制御工学/応用物理
関連する技術分野 社会基盤/ものづくり技術/自然科学一般
応募する (ご関心のある方は事前登録をお願いします。)
公募番号
NMIJ-21
公募課題名
物理量の精密計測技術とその応用に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 計量標準総合センター物理計測標準研究部門では、光検出、高周波計測、電磁界計測、光時計、光周波数計測などの精密計測技術、またそれらを利用した極限計測技術の研究開発に取り組む研究者を募集する。物理、応用物理、電気・電子、計測・制御、機械工学、材料科学、生物物理学等に関する知識と実験経験を有する博士学位取得者を対象とする。
博士の学位を有していないが、企業での実務経験を産総研の研究開発や成果の社会実装に生かす意欲のある方の応募も歓迎する。
採用年月日 2025年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
物理計測標準研究部門
勤務予定地 つくばセンター
関連情報 https://unit.aist.go.jp/ripm/
問い合わせ先 E-mail: ripm-saiyo-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 5名
キーワード 光検出/光格子時計/テラヘルツ波計測/電磁界計測/光周波数コム
関連する技術分野 社会基盤/自然科学一般/ものづくり技術
応募する (ご関心のある方は事前登録をお願いします。)
公募番号
NMIJ-31
公募課題名
電気化学計測を用いたpH測定の技術開発
課題の概要と必要とする人材 製薬・臨床検査やエネルギー・環境問題に関係する分析において、精密なpH計測は欠かせない。普遍的なpH計測を実現するためには、pHの定義に基づいた測定技術の開発が必要である。
特に近年、地球温暖化の将来予測のため、大気中二酸化炭素と平衡状態にある海洋炭酸系の精緻な把握が重要になってきている。そのため、海水のような高い塩分濃度を有する溶液のpH計測の技術開発を行う。計測工学及び分析化学等の基礎知識を有し、新規計測技術・計量標準の開発に意欲的に取り組む研究者を募集する。
博士の学位を有していないが、企業での実務経験を産総研の研究開発や成果の社会実装に生かす意欲のある方の応募も歓迎する。
採用年月日 2025年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
物質計測標準研究部門
勤務予定地 つくばセンター
関連情報 https://unit.aist.go.jp/mcml/
問い合わせ先 E-mail: mcm_recruitment-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
キーワード 海洋酸性化/気候変動/大気海洋相互作用/海洋環境/電気化学
関連する技術分野 社会基盤/環境/自然科学一般
応募する (ご関心のある方は事前登録をお願いします。)
公募番号
NMIJ-32
公募課題名
多成分標準ガス発生技術と計測技術の研究開発
課題の概要と必要とする人材 室内環境・製造プロセス管理・生体ガス測定などの多様な場面において、ガスセンサや湿度センサの性能が重要となっている。本課題では、水や多様な成分を調製できる小型・可搬な標準ガス発生器、および高度な低露点の標準ガス発生器の開発に取り組むほか、調製濃度を検証するための質量分析計やレーザー分光法等を用いた高速・高感度・高精度計測法の開発に取組む。
また、生体ガスによる医療診断や半導体製造プロセスモニタリング等への応用展開を目指す。計測工学・分析化学の基礎知識を有し、新規測定システムを開発することに意欲的に取り組める研究者を広く募集する。
博士の学位を有していないが、企業での実務経験を産総研の研究開発や成果の社会実装に生かす意欲のある方の応募も歓迎する。
採用年月日 2025年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
物質計測標準研究部門
勤務予定地 つくばセンター
関連情報 https://unit.aist.go.jp/mcml/
問い合わせ先 E-mail: mcm_recruitment-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 2名
キーワード 生体ガス/標準ガス発生器/ガスセンサ/レーザー分光/微量水分
関連する技術分野 ライフサイエンス/情報通信/環境
応募する (ご関心のある方は事前登録をお願いします。)
公募番号
NMIJ-33
公募課題名
ナノ粒子の計測技術および計量標準に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 半導体の微細化に代表される粒子計測の産業ニーズに応えるべく、粒子を特徴づける最も基本的なパラメータである粒径について、世界トップレベルの粒径計測技術を高度化し、シングルナノ粒径域での計測技術および計量標準の開発に取り組む。計測工学、化学工学、環境科学、応用物理学、分析化学等の学問的な基礎知識と実験技術を有し、新規計測技術・計量標準の開発に意欲的に取り組む研究者を募集する。
博士の学位を有していないが、企業での実務経験を産総研の研究開発や成果の社会実装に生かす意欲のある方の応募も歓迎する。
採用年月日 2025年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
物質計測標準研究部門
勤務予定地 つくばセンター
関連情報 https://unit.aist.go.jp/mcml/
問い合わせ先 E-mail: mcm_recruitment-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
キーワード 粒子粉体特性/粒径・粒子径/標準物質/微粒子・ナノ粒子/半導体
関連する技術分野 ナノテク・材料/環境/社会基盤
応募する (ご関心のある方は事前登録をお願いします。)
公募番号
NMIJ-34
公募課題名
ナノ材料の計測・校正技術の開発と応用
課題の概要と必要とする人材 次世代の半導体ナノデバイスや蓄電材料を構成する三次元ナノスケール構造や形状を正確に測長するための基盤技術へのニーズが高まっている。放射光X線源を活用した高精度非破壊解析に資する実用計測技術の開発と基礎応用研究に取り組むほか、各種顕微鏡法を用いた校正技術や精密な構造・形状の校正を行うための基礎となるナノ材料標準物質の研究開発を行う。
計測工学、実験物理学、数理統計学、物理化学、材料工学、精密工学に関する基礎知識、電子線あるいは放射線、X線、光、探針などによるプローブ計測技術、並びにシミュレーション計算や数値解析などのデータ処理の実践経験と専門知識をもつ研究者を募集する。
博士の学位を有していないが、企業での実務経験を産総研の研究開発や成果の社会実装に生かす意欲のある方の応募も歓迎する。
採用年月日 2025年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
物質計測標準研究部門
勤務予定地 つくばセンター
関連情報 https://unit.aist.go.jp/mcml/
問い合わせ先 E-mail: mcm_recruitment-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
キーワード マイクロ・ナノデバイス/ナノ構造/非破壊計測/ナノ計測工学/シミュレーション工学
関連する技術分野 ナノテク・材料/ものづくり技術/情報通信
応募する (ご関心のある方は事前登録をお願いします。)
公募番号
NMIJ-41
公募課題名
放射線・振動加速度に関する国家計量標準と精密計測技術の研究開発
課題の概要と必要とする人材 放射線や振動など分析計測技術に関する国家計量標準の維持・管理・供給及び関連する精密計測技術の研究開発に取り組む研究者を募集する。本研究開発に関連する研究分野の経験を考慮するが、精密計測技術に意欲的な研究者を対象とする。
博士の学位を有していないが、企業での実務経験を産総研の研究開発や成果の社会実装に生かす意欲のある方の応募も歓迎する。
採用年月日 2025年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
分析計測標準研究部門
勤務予定地 つくばセンター
関連情報 https://unit.aist.go.jp/rima/
問い合わせ先 E-mail: rima-saiyo-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 2名
キーワード 計量標準/放射線計測/多軸振動計測/医療応用/産業応用
関連する技術分野 自然科学一般
応募する (ご関心のある方は事前登録をお願いします。)
公募番号
NMIJ-42
公募課題名
先端計測・分析・検査技術の開発とその応用
課題の概要と必要とする人材 革新的なイメージング技術や、それを駆使した計測・分析・検査技術に関する研究開発に取り組み、インフラ診断や材料評価等、産業界における応用・社会実装に向けた研究開発を推進する。X線、中性子、電子、陽電子、ミューオン、テラヘルツ波、レーザー、超音波などの発生・検出技術、及び光学・画像計測技術の高度化及び、分析・診断・イメージングへの応用を研究対象とする。工学、材料科学、情報科学、およびその関連分野の基礎知識と実験・解析技術を有する意欲的な研究者を募集する。
博士の学位を有していないが、企業での実務経験を産総研の研究開発や成果の社会実装に生かす意欲のある方の応募も歓迎する。
採用年月日 2025年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
分析計測標準研究部門
勤務予定地 つくばセンター
関連情報 https://unit.aist.go.jp/rima/
問い合わせ先 E-mail: rima-saiyo-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
募集人員 3名
キーワード 量子ビーム技術/光計測技術/画像解析技術/AI データ解析/材料分析
関連する技術分野 ナノテク・材料/自然科学一般/フロンティア
応募する (ご関心のある方は事前登録をお願いします。)