English

 

エレクトロニクス・製造領域

エレクトロニクス・製造領域では、IT機器の大幅な省エネ化と高性能化の両立を可能とする世界トップ性能のデバイスの開発と、省エネ、省資源、低コストな産業活動の実現を可能とする革新的な製造技術の開発を目指します。さらに、先端エレクトロニクスを基礎としたセンシング技術と革新的製造技術を結びつけることによって超高効率な生産システムを構築し、わが国の産業競争力強化に貢献します。

テニュアトラック型研究員(任期付)またはパーマネント型研究員(任期無)

以下の公募は、審査を踏まえてテニュアトラック型(原則5年任期)またはパーマネント型のいずれを適用するかを決定いたします。テニュアトラック型の任期については、候補者の経歴や業績等を考慮した上で、任期の短縮(たとえば3年間)を提示することがあります。テニュアトラック型で採用された場合、任期終了の概ね1年半前に、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の研究員となるための審査(以下「パーマネント化審査」という。)を受けることが可能です(テニュアトラック制)。
 

テニュアトラック型(任期付:任期 3~5年)
パーマネント型(任期無:定年制

2021年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題
【応募〆切:2021年5月11日(火) 12:00 ※正午(JST)】
公募番号
DEV-1
公募課題名
新原理デバイスおよび高機能デバイス集積に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 IoT、CPS社会の深化に必要な、極低消費電力デバイスや新原理デバイス、デバイス集積等の開発を進めるため、以下のような研究者を募集する。
1.半導体デバイスの成膜やプロセス技術を中心に、デバイス材料の設計から製造、デバイス実証にいたる一連の研究を実験、データ科学、第一原理計算、プロセス・デバイスシミュレーションを組み合わせて推進する研究者。
2.新材料、デバイスプロセスの経験や、情報処理アルゴリズムに適した回路設計の能力を保有し、デバイスを低消費電力・小型化してエッジ応用に展開する研究開発や、新規の量子デバイス作製技術やシミュレーション・評価技術の開発を推進する研究者。
3.電子デバイス、超伝導エレクトロニクス、3D集積、MEMS、微細加工プロセス、材料プロセスといった分野に関する専門性を有し、各種高機能デバイスを実現する集積化プロセス及びMEMSプロセス開発を推進する研究者。
4.半導体関連オープンイノベーションプラットフォームのマネージメントや運営に積極的にかかわる研究者。特に、半導体製造ラインでの業務経験者を歓迎する。 採用においては、他分野の知識や技術を積極的に吸収し、技術分野を横断した統合的研究開発、挑戦的な研究開発を推進する意欲を重視する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
デバイス技術研究部門(つくばセンター) 新原理コンピューティング研究センター(つくばセンター) TIA推進センター(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/d-tech/
https://unit.aist.go.jp/rcect/
https://unit.aist.go.jp/tia-co/
問い合わせ先 E-mail:rp-eleman-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
Tel:029-862-6592
募集人員 3~4名
関連する技術分野 工学 数物系科学 情報学 化学 総合理工
公募番号
DEV-2
公募課題名
クラウドとの融合を見据えた次世代光ネットワークおよびその集積デバイスに関する技術開発
課題の概要と必要とする人材 超スマート社会の実現に向けて、クラウドやモバイル網などの情報通信インフラではフォトニクスの適用領域がますます広がっている。本課題では、エッジやクラウドのサーバー機器内/間インターコネクト、モバイルやIoT通信を含むメトロアクセスおよび基幹広域網に適用する仮想化・光ネットワーク・光伝送・光実装・光デバイス技術の研究開発を遂行する。 フォトニクスとコンピューティングの融合領域ないしシリコンフォトニクスなどを用いた光電ハイブリッド集積技術に対して興味があり、光通信工学、情報科学、システム工学、ネットワーク・制御理論、人工知能、電気電子工学、応用物理学等の基礎知識や専門性及び研究実績を有し且つ既存枠にとらわれない意欲的な研究者を広く募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
プラットフォームフォトニクス研究センター(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/pprc/
問い合わせ先 E-mail:E-mail:rp-eleman-ml*aist.go.jp
(*を@に変換してください)
Tel:029-862-6592
募集人員 1名
関連する技術分野 工学 情報学 数物系科学 総合理工 
公募番号
DEV-3
公募課題名
電子・光材料、プロセス、デバイス、実装に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 情報記録、演算、通信、センシングなどの分野での従来の電子デバイス/光デバイスやの限界突破や新機能実現を目指し、超伝導体、機能性酸化物、化合物半導体、有機物、金属有機化合物、ハイブリッド物質等の材料開発、低温プラズマプロセス、先進レーザー加工など各種プロセス開発、電子・光デバイスおよび実装技術開発、低環境負荷型の製造技術や3R技術開発を行う。 これらの研究課題を推進するため、応用物理学、材料科学、化学、電気電子工学等に関する基礎知識や専門性および研究実績を有する意欲的な研究者を広く募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
電子光基礎技術研究部門(つくばセンター) 製造技術研究部門(つくばセンター) デバイス技術研究部門(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/riaep/
https://unit.aist.go.jp/am-ri/
https://unit.aist.go.jp/d-tech/
https://unit.aist.go.jp/atc/
問い合わせ先 E-mail:rp-eleman-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
Tel:029-862-6592
募集人員 1~3名
関連する技術分野 工学 化学 数物系科学 総合理工 複合領域
公募番号
SENS-1
公募課題名
センサおよびセンシング技術に関する研究
課題の概要と必要とする人材 センサやセンシング技術、センシングデータの効率的活用を推進するセンシングシステム技術の開発を行う。 本課題の推進に関心を持ち、センシング材料、プロセス、デバイス等のセンサ技術、アクチュエータ技術、回路設計、情報処理、電源、伝送通信等のシステム化技術、およびこれらに関連する応用物理、電子工学、製造プロセス技術、材料科学、生物、化学、光技術、通信、計測などの分野において知見を有する研究者を募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
センシングシステム研究センター(つくばセンター、九州センター、柏センター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/ssrc/
問い合わせ先 E-mail:rp-eleman-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
Tel:029-862-6592
募集人員 2名
関連する技術分野 工学 総合理工 情報学 化学 複合領域
公募番号
MANU-1
公募課題名
スマート製造に対応した加工システムの高度化に関する研究
課題の概要と必要とする人材 生産管理から加工技術まで幅広い製造プロセスを対象とし、デジタル化を活用したスマート製造システムを実現するための研究開発を推進する。社会・人々が求める機能をオンデマンドに「もの」として具現化し、臨機に創り出すには、センシング、情報処理、物理化学、シミュレーションを駆使した「ものづくり」の科学的理解と製造プロセスの最適化が必須である。 加工学(機械加工に限らず先進的な材料加工・表面機能の創生を含む)、材料学、機械工学(生産工学を含む)、物理化学のいずれかの高い専門性と工学的な基礎知識を有し、専門にとらわれずに周囲の研究者と連携してIoT・AI技術活用しながら、ものづくり研究に意欲的に取り組める研究者を募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
製造技術研究部門(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/am-ri/
問い合わせ先 E-mail:rp-eleman-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
Tel:029-862-6592
募集人員 2名
関連する技術分野 工学 総合理工 化学 情報学 
公募番号
MANU-2
公募課題名
スマート生産システムの設計・運用に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 多様な社会ニーズに対応するための変種変量生産システム等、様々な生産形態に対処可能な設計・運用に関する研究開発を行う。具体的には、加工プロセスのモニタリングや生産ラインからのデータを活用し、スマート生産を実現する支援技術を開発する。 そのために、情報技術、生産技術、計測技術を含む工学全般に関わる基礎知識や専門知識を有し、少子高齢化対策、熟練技能の伝承等、社会課題解決に向け、他分野や産業界との連携に意欲的に取り組める研究者を広く募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
インダストリアルCPS研究センター(情報・人間工学領域)(臨海副都心センター、つくばセンター)
関連情報  
問い合わせ先 E-mail:rp-eleman-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
Tel:029-862-6592
募集人員 1名
関連する技術分野 工学 情報学 総合理工 複合領域 数物系科学
公募番号
MANU-3
公募課題名
先進材料・複合化技術、表面改質技術の開発
課題の概要と必要とする人材 社会課題の解決に向け、感染症対策やエネルギーに関連する部材・デバイス技術、インフラ寿命向上に有効な、先進的な材料技術、複合化技術、実装技術を開発する。 そのため、機能材料コーティング、表面改質技術、界面・接合技術あるいは、上記部材・デバイスの設計・製造・計測のいずれかに関する高い専門性を持ち、他の分野との連携に意欲的に取り組める研究者を広く募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
製造技術研究部門(つくばセンター) 電子光基礎技術研究部門(つくばセンター) デバイス技術研究部門(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/riaep/
https://unit.aist.go.jp/am-ri/
https://unit.aist.go.jp/d-tech/
https://unit.aist.go.jp/atc/
問い合わせ先 E-mail:rp-eleman-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
Tel:029-862-6592
募集人員 1名
関連する技術分野 工学 総合理工 化学 複合領域 
 
 

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所