English

 

材料・化学領域

材料・化学領域では、産業の国際競争力強化とグリーン・イノベーション実現のため、競争力の源泉となる材料技術や化学技術の開発を推進します。すなわち、材料技術と化学技術の融合による部素材のバリューチェーン強化の実現を念頭に機能性化学品の付加価値をより高める技術開発および新素材を実用化するための技術開発を通じ、素材産業や化学産業へ寄与していきます。

テニュアトラック型研究員(任期付)またはパーマネント型研究員(任期無)

以下の公募は、審査を踏まえてテニュアトラック型(原則5年任期)またはパーマネント型のいずれを適用するかを決定いたします。テニュアトラック型の任期については、候補者の経歴や業績等を考慮した上で、任期の短縮(たとえば3年間)を提示することがあります。テニュアトラック型で採用された場合、任期終了の概ね1年半前に、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の研究員となるための審査(以下「パーマネント化審査」という。)を受けることが可能です(テニュアトラック制)。
 

テニュアトラック型(任期付:任期 3~5年)
パーマネント型(任期無:定年制
 
2021年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題
【応募〆切:2021年5月11日(火) 12:00 ※正午(JST)】

公募番号
材化3-1
公募課題名
高分子材料の評価・解析手法に関わる研究開発
課題の概要と必要とする人材 化学材料(バイオベースを含む)の機能性や信頼性の向上に資する評価・解析技術の開発を行うため、高分子合成、高分子構造、高分子物性、有機材料化学、複合材料化学、成型加工、劣化解析、標準規格化、リサイクル技術等に関して、高度な知見・実験技術を持つ意欲的な研究者を募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
機能化学研究部門 (つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/ischem/ischem-plc/
問い合わせ先 E-mail:mc-saiyo-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
関連する技術分野 化学 工学 複合領域 総合理工 
公募番号
材化3-2
公募課題名
高分子複合材料の高効率製造や高機能化に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 ナノセルロース等の循環型素材を用いた高分子複合材料の高効率製造や高機能化・高性能化に向け、ナノセルロース等のフィラー複合化技術、高分子材料設計技術、ナノ構造制御技術、材料物性評価技術、材料構造評価技術、成形・加工技術等に関して、高度な知見・実験技術を持つとともに、企業連携に関して意欲的な研究者を募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
機能化学研究部門 (中国センター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/ischem/ischem-clm/
問い合わせ先 E-mail:mc-saiyo-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
関連する技術分野 化学 工学 複合領域 総合理工 
公募番号
材化3-3
公募課題名
資源循環型社会を目指した革新的な反応・合成・分離プロセス技術開発に関する研究
課題の概要と必要とする人材 資源循環型社会を目指し、化学品原料の多様化と二酸化炭素排出の最小化を考慮した、機能性化学品や新機能材料の反応・合成・分離プロセスの技術開発を行う。 有機化学、無機化学、物理化学、触媒化学、反応工学、分離工学、材料工学等の分野に関する研究経験を有し、これらの研究開発をLCAやプロセスシミュレーション技術と連携して積極的に取り組める研究者を広く募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
化学プロセス研究部門(つくばセンター、東北センター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/cpt/
問い合わせ先 E-mail:mc-saiyo-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
募集人員 2名
関連する技術分野 化学 工学 総合理工 複合領域 
公募番号
材化3-4
公募課題名
ナノ材料の合成およびその応用技術の研究開発
課題の概要と必要とする人材 各種ナノ材料やナノ複合材料およびその応用技術の開発のため、基礎となる化学・材料科学・物理の分野に基礎的知識を有する者、もしくはプロセス工学や応用物理学の知識と経験を有して新たにナノ材料の研究に挑戦する意欲のある研究者を募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
ナノ材料研究部門(つくばセンター、関西センター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/nmri/
問い合わせ先 E-mail:mc-saiyo-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
関連する技術分野 化学 総合理工 工学 数物系科学 複合領域
公募番号
材化3-5
公募課題名
ナノ材料の創成および評価・解析に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 革新的な機能を有する各種ナノ材料やナノ複合材料の創製のため、もしくはその標準化のため、基礎となる材料科学、物理、化学の分野に基礎的知識を有する者、もしくはナノスケールの評価や解析に関する知識と経験を有して新たにナノ材料の研究に挑戦する意欲のある研究者を募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
ナノ材料研究部門(つくばセンター、関西センター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/nmri/
問い合わせ先 E-mail:E-mail: mc-saiyo-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
関連する技術分野 数物系科学 化学 総合生物 総合理工 工学
公募番号
材化3-6
公募課題名
機能を極限まで高めた材料の開発
課題の概要と必要とする人材 エネルギー・環境分野やモビリティ分野に向け、材料の微細構造や異種材料の複合化、および界面状態を制御すること等により、表面・空間高度利用材料、超高効率ロバストエネルギー材料、機能を極限まで高めた刺激応答材料等の研究開発テーマに従事可能であり、機能材料や材料プロセス開発などの独創的研究に関心が高く、材料化学、応用化学、応用物理、プロセス工学の基礎的知識を有する意欲的な研究者を広く募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
極限機能材料研究部門(中部センター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/ifm-ri/
問い合わせ先 E-mail:mc-saiyo-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
関連する技術分野 化学 総合理工 工学 複合領域 
公募番号
材化3-7
公募課題名
マルチマテリアル化に向けた材料の高度化、革新プロセス開発に関する研究
課題の概要と必要とする人材 省エネルギー化や物質循環材料技術に関わるマルチマテリアル化に関わる軽量金属材料、ファインセラミクスならびに、有機-無機複合材料等の材料研究やリサイクル技術、並びに、革新的な素材のアップコンバージョンプロセスや、プロセスインフォマティックス等の融合研究に関わる研究テーマ。新規材料や材料プロセス開発などの独創的研究に関心が高く、材料科学、応用化学、応用物理、プロセス工学の基礎的知識を有する意欲的な研究者を広く募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
マルチマテリアル研究部門(中部センター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/mmri/
問い合わせ先 E-mail:mc-saiyo-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
関連する技術分野 工学 化学 総合理工 数物系科学 複合領域
公募番号
材化3-8
公募課題名
資源循環に資する革新的触媒技術の研究開発
課題の概要と必要とする人材 革新的触媒技術を基盤として、炭素、窒素、リン等の資源循環に資する異分野融合研究開発を行うため、触媒化学、合成化学または化学工学の分野で高度な専門知識および実験技術を有する研究者を募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
触媒化学融合研究センター(つくばセンター)
関連情報 http://irc3.aist.go.jp/
問い合わせ先 E-mail:mc-saiyo-ml*aist.go.jp  
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
関連する技術分野 化学 プロセス工学 材料科学  
公募番号
材化3-9
公募課題名
ナノカーボンの応用研究
課題の概要と必要とする人材 カーボンナノチューブの複合材料、用途開発もしくは評価技術を開発し、CNT産業を日本に創出することを目指す。化学あるいは物理,、特に、材料科学のバックグラウンドを持ち、意欲的に研究に取り組める方研究者を募集する。ナノ炭素材料を扱った経験は問わない。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
ナノチューブ実用化研究センター(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/cnta/
問い合わせ先 E-mail:mc-saiyo-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
関連する技術分野 化学 工学 総合理工 複合領域 情報学
公募番号
材化3-10
公募課題名
計算シミュレーション技術の研究開発
課題の概要と必要とする人材 当所ではデータの良質化とその高度利用により、その成功率を高めるという方針の下で、データ駆動型材料設計技術の研究開発を推進している。その一環で、計算シミュレーション技術開発、材料インフォマティクス研究、材料データプラットフォーム開発を進めている。本公募ではデータの良質化に資する計算シミュレーション技術の高度化研究に意欲のある研究者を募る。例えば、電気化学界面が材料機能に及ぼす影響の定量的な評価技術の開発等の未踏領域に経験と実績を持つ研究者の応募が望まれる。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター(つくばセンター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/cd-fmat/index.html
問い合わせ先 E-mail:mc-saiyo-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
関連する技術分野 化学 数物系科学 総合理工 工学 情報学
公募番号
材化3-11
公募課題名
先進的磁性材料の開発
課題の概要と必要とする人材 先進的なバルク磁性材料の開発のため、材料科学の知識とプロセス技術、または材料合成プロセスを構築するための知識と実験的あるいは計算的技術を有し、新しい磁性材料開発とその実用化につながる研究に意欲的な研究者を広く募集する。
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
磁性粉末冶金研究センター(中部センター)
関連情報 https://unit.aist.go.jp/magmet/index.html
問い合わせ先 E-mail:mc-saiyo-ml*aist.go.jp 
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
関連する技術分野 工学 化学 数物系科学 総合理工 

テニュアトラック型研究員(任期付)、パーマネント型研究員(任期無)、年俸制任期付研究員

以下の公募は、審査を踏まえてテニュアトラック型(原則5年任期)、パーマネント型、または年俸制任期付のいずれを適用するかを決定いたします。
テニュアトラック型の任期については、候補者の経歴や業績等を考慮した上で、任期の短縮(たとえば3年間)を提示することがあります。テニュアトラック型で採用された場合、任期終了の概ね1年半前に、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の研究員となるための審査(以下「パーマネント化審査」という。)を受けることが可能です(テニュアトラック制)。
年俸制任期付の任期は最大5年、再審査の結果を踏まえ1回に限り再任することが可能です。ただし、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の職員となるパーマネント化審査を受けることはできません。


テニュアトラック型(任期付:任期 3~5年)
パーマネント型(任期無:定年制)
年俸制(任期付:最大5年


2021年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題
【応募〆切:2021年5月11日(火) 12:00 ※正午(JST)】

公募番号
材化3-12
公募課題名
資源の高度利用技術に関する研究開発
課題の概要と必要とする人材 資源循環型社会の実現に貢献するため、材料技術や化学技術の分野で高度な専門知識および実験技術を有する研究者を募集する。具体的には、以下の研究テーマに従事可能な研究者を希望する。
1) 金属や複合材料のマテリアルリサイクル
2) 触媒や高圧化学プロセスを用いたプラスチックのケミカルリサイクル
3) 排出CO2や窒素、リンを含む化学物質の分離膜と吸着剤および有用化学品への変換技術
4)化学・材料プロセスにおけるリサイクルシステム評価
5) その他関連技術
採用年月日 2022年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
機能化学研究部門、化学プロセス研究部門、ナノ材料研究部門、極限機能材料研究部門、マルチマテリアル研究部門、触媒化学融合研究センター、ナノチューブ実用化研究センター、機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター、磁性粉末冶金研究センター(つくばセンター、東北センター、中部センター、関西センター、中国センター)
関連情報 https://www.aist.go.jp/aist_j/dept/dmc.html
問い合わせ先 E-mail:mc-saiyo-ml*aist.go.jp  
(*を@に変換してください)
募集人員 1名
関連する技術分野 化学 工学 材料科学  

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所