English

 

地質調査総合センター

地質調査総合センター(GSJ)は、国として行うべき地質情報の整備のため「地質の調査」を行っています。活発な変動帯に位置するわが国において、地質情報は安心・安全な社会構築のための重要な基盤情報です。私たちは1882年に産総研の前身である地質調査所が設立されて以来、現在にいたるまで一貫して日本で唯一の「地質の調査」のナショナルセンターとして地質情報の整備に取り組んできました。今後も地質に関する資試料の管理から、各種地質情報の提供・普及を行います。これら地質情報を基礎として、地球環境の保全、資源・エネルギーの開発、地質災害の軽減などに関連するさまざまな問題を解決するための技術を開発します。また、地質情報の整備、地質災害の軽減、資源探査や環境保全などに関する国際研究プロジェクトを国際組織および国際研究計画を通して推進します。グローバルな地質調査機関ネットワークを活用し、アジア、アフリカ、南米地域を中心に地質に関する各種国際研究協力をリードし、積極的に推進します。

テニュアトラック型研究員(任期付)またはパーマネント型研究員(任期無)

テニュアトラック型(任期付:任期 3~5年)

パーマネント型(任期無:定年制
 
 以下の公募は、審査を踏まえてテニュアトラック型(原則5年任期)またはパーマネント型のいずれを適用するかを決定いたします。テニュアトラック型の任期については、候補者の経歴や業績等を考慮した上で、任期の短縮(たとえば3年間)を提示することがあります。テニュアトラック型で採用された場合、任期終了の概ね1年半前に、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の研究員となるための審査(以下「パーマネント化審査」という。)を受けることが可能です(テニュアトラック制)。

2020年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題
【応募〆切:2020年5月11日(月) 17:00(JST)】
<
公募番号
活断層・火山-1
公募課題名
実験岩石学もしくは地球化学的手法に基づくマグマ供給システムおよびその発達過程に関する研究
課題の概要と必要とする人材 マグマ供給システムおよびその発達過程や噴火メカニズムの解明等に関する研究を推進するため、高温高圧実験、岩石・鉱物化学分析、微小領域分析、および岩石学的解析・熱力学的解析などに関する高度な経験・技術と学際的・国際的な実績を有する研究者を募集する。研究遂行に当たっては、関連する火山地質分野や火山物理学分野の研究者と積極的に共同研究を行えるとともに、ガス圧装置の使用実績があればより望ましい。
採用年月日 2021年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
活断層・火山研究部門
関連情報 https://unit.aist.go.jp/ievg/
問い合わせ先 E-mail : gsj-koubo-ml*aist.go.jp(*を@に変換して下さい)
Tel: 029-861-7639
募集人員 1名
関連する技術分野 数物系科学 総合理工 複合領域  
 
公募番号
活断層・火山-2
公募課題名
数値シミュレーションによる地震発生過程の研究
課題の概要と必要とする人材 本公募では、地震発生に関する数値シミュレーションについて高度で専門的な経験と実績を有する者を募集する。採用者は地質調査・室内実験・地球物理観測などで得られる断層近傍の応力場・歪場、岩石の物性・力学挙動等の知見を統合し、動的破壊過程を含む内陸断層の地震発生予測モデルの構築に従事する。
採用年月日 2021年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
活断層・火山研究部門
関連情報 https://unit.aist.go.jp/ievg/
問い合わせ先 E-mail : gsj-koubo-ml*aist.go.jp(*を@に変換して下さい)
Tel: 029-861-7639
募集人員 1名
関連する技術分野 数物系科学 総合理工 複合領域  
 
公募番号
活断層・火山-3
公募課題名
広域地下水流動モデルの構築と長期予測に関する研究
課題の概要と必要とする人材 放射性廃棄物処分を対象とし、過去の海水準変動、隆起侵食、断層活動等の影響を受けた現在の広域地下水流動モデルの構築と既往の水文調査、ボーリング調査の結果を用いたモデル評価手法の構築を実施する。また、それらの評価結果から、放射性廃棄物処分に要求される長期の定量的地下水流動変動評価を行う。水理学・水文学的評価手法あるいは数値解析モデルを用いた地下水流動評価の経験を持つ候補者を募集する。
採用年月日 2021年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
活断層・火山研究部門
関連情報 https://unit.aist.go.jp/ievg/
問い合わせ先 E-mail : gsj-koubo-ml*aist.go.jp(*を@に変換して下さい)
Tel: 029-861-7639
募集人員 1名
関連する技術分野 総合理工 数物系科学 工学 環境学 
 
公募番号
地圏-1
公募課題名
地中熱適正利用のための研究開発
課題の概要と必要とする人材 再生可能エネルギー研究センター(福島県郡山市)地中熱チームでは、経済的かつ水文地質状況・社会状況に応じた適正な地中熱利用を促進するための研究を行っており、それに貢献できる水文地質学を専門とする研究員を募集する。
採用年月日 2021年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
再生可能エネルギー研究センター 地中熱チーム
関連情報 http://www.aist.go.jp/fukushima/ja/unit/SGHT.html
問い合わせ先 E-mail : gsj-koubo-ml*aist.go.jp(*を@に変換して下さい)
Tel: 029-861-7639
募集人員 1名
関連する技術分野 総合理工 環境学   
 
公募番号
地圏-2
公募課題名
地圏環境汚染評価および修復技術に関する研究
課題の概要と必要とする人材 土壌や地下水を対象とした地圏環境のリスクを評価するための手法開発や表層土壌情報などの基盤情報整備、ならびに低環境負荷浄化技術開発に従事するために、化学、環境科学、土壌化学等の分野に高度な知見を有する意欲的な研究者を募集する。
採用年月日 2021年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
地圏資源環境研究部門
関連情報 https://unit.aist.go.jp/georesenv/index.html
問い合わせ先 E-mail : gsj-koubo-ml*aist.go.jp(*を@に変換して下さい)
Tel: 029-861-7639
募集人員 1名
関連する技術分野 環境学 複合領域 化学 工学 農学
 
公募番号
地圏-3
公募課題名
地圏環境における汚染物質の挙動解明および持続可能性に関する研究
課題の概要と必要とする人材 地圏内での汚染物質挙動解明や試験法等の標準化、持続可能な環境汚染対策を推進するため、環境解析学、環境保全学、環境化学のいずれかの分野において、基礎知識のみならず高度に専門的な知識を有する研究者を募集する。標準化の経験もしくは国際共同研究等での経験があることが望ましい。
採用年月日 2021年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
地圏資源環境研究部門
関連情報 https://unit.aist.go.jp/georesenv/index.html
問い合わせ先 E-mail : gsj-koubo-ml*aist.go.jp(*を@に変換して下さい)
Tel: 029-861-7639
募集人員 1名
関連する技術分野 環境学    
 
公募番号
地圏-4
公募課題名
CCUSの安全性評価に係るモニタリング研究
課題の概要と必要とする人材 地球物理学的あるいは地球化学的モニタリング技術によりCCUS(二酸化炭素回収・利用・貯留)の安全性評価を行う研究者を募集する。地球物理学、地球化学、電気化学等のいずれかに関する基礎的素養を有すること。また、野外調査に興味を持ち、地球環境問題等に課題意識をもって研究する意欲がある者が望ましい。
採用年月日 2021年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
地圏資源環境研究部門
関連情報 https://unit.aist.go.jp/georesenv/index.html
問い合わせ先 E-mail : gsj-koubo-ml*aist.go.jp(*を@に変換して下さい)
Tel: 029-861-7639
募集人員 1名
関連する技術分野 総合理工 数物系科学 化学 工学 環境学
 
公募番号
地質情報-1
公募課題名
日本周辺海域における海底堆積物に関する研究
課題の概要と必要とする人材 日本周辺海域において表層堆積図を作成するため、堆積学や層序学などの研究経験と実績を有し、海底堆積物試料や関連するデータの分析・解析から表層堆積図の作成と堆積作用の研究に積極的に取り組む研究者を募集する。
採用年月日 2021年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
地質情報研究部門
関連情報 https://unit.aist.go.jp/igg/ci/
問い合わせ先 E-mail : gsj-koubo-ml*aist.go.jp(*を@に変換して下さい)
Tel: 029-861-7639
募集人員 1名
関連する技術分野 環境学 数物系科学 総合理工 複合領域 
 
公募番号
地質情報-2
公募課題名
海洋における物理探査・地質構造に関する研究
課題の概要と必要とする人材 海洋底の地殻の構造、特に海底火山周辺の上部地殻構造を、海洋物理学、構造地質学、層序学の手法を用いて解明できる研究者を募集する。物理探査に熟達していれば関連分野の専門家でも構わない。物理探査手法の開発が可能な人材が望ましい。
採用年月日 2021年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
地質情報研究部門
関連情報 https://unit.aist.go.jp/igg/ci/
問い合わせ先 E-mail : gsj-koubo-ml*aist.go.jp(*を@に変換して下さい)
Tel: 029-861-7639
募集人員 1名
関連する技術分野 数物系科学 総合理工 複合領域  
 
公募番号
地質情報-3
公募課題名
新生代後期堆積岩地域の地質調査及び地質図作成
課題の概要と必要とする人材 野外地質調査の経験と能力及び地質学に関する専門知識を備え、地質図作成を目的とした研究を実施できる人材を募集する。特に、堆積相解析や微化石・火山灰・古地磁気などの分析技術を有し、丘陵から平野域に分布する上部新生界層序に基づく堆積盆形成過程や堆積環境復元を目的とした研究を実施できる方が望ましい。
採用年月日 2021年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
地質情報研究部門
関連情報 https://unit.aist.go.jp/igg/ci/
問い合わせ先 E-mail : gsj-koubo-ml*aist.go.jp(*を@に変換して下さい)
Tel: 029-861-7639
募集人員 1名
関連する技術分野 数物系科学 総合理工   
 


年俸制任期付研究員

産業技術総合研究所(産総研)は、特定の重点研究課題を機動的・効果的に推進するため、優れた研究実績又は高い研究マネジメント能力を有する研究人材を、研究実績、経験、能力を勘案した年俸制任期付研究員として、国内外問わず、積極的に採用します。本研究職員は、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の職員となるパーマネント化審査を受けることはできません。


2020年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題
【応募〆切:2020年5月11日(月) 17:00(JST)】
公募番号
活断層・火山-4
公募課題名
マグマ性流体および熱水の噴火に及ぼす影響に関する研究
課題の概要と必要とする人材 以下のいずれかについて、学際的・国際的な実績を有する研究者を募集する。 マグマ‐熱水系のメカニズム解明に関する研究を推進するため、地下構造モデリングとそれに基づいた数値シミュレーションを実施し、各種信号モニタリングデータを再現するような統合的な研究推進に必要な高度な経験・技術を有する研究者、あるいは、マグマ性流体の挙動が噴火の爆発性に与える影響等に関する研究を推進するため、主に火山岩や鉱物の微小領域分析・組織解析などに関する高度な経験・技術を有する研究者。
採用年月日 2021年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
活断層・火山研究部門
関連情報 https://unit.aist.go.jp/ievg/
問い合わせ先 E-mail : gsj-koubo-ml*aist.go.jp(*を@に変換して下さい)
Tel: 029-861-7639
募集人員 1名
関連する技術分野 数物系科学 総合理工 複合領域  
 
公募番号
地質情報-4
公募課題名
平野沿岸域の地下地質構造の研究
課題の概要と必要とする人材 平野沿岸域における産業立地やインフラ整備、防災に資する地下地質の構造解明の研究ができる人材を募集する。とくにGISを用いた地質・地理データの解析、物理探査やボーリングデータを用いた研究技術、第四紀編年のための年代測定の高度な分析技術や実績を持つ人材が望ましい。
採用年月日 2021年4月1日
配属予定ユニット
(勤務地)
地質情報研究部門
関連情報 https://unit.aist.go.jp/igg/ci/
問い合わせ先 E-mail : gsj-koubo-ml*aist.go.jp(*を@に変換して下さい)
Tel: 029-861-7639
募集人員 1名
関連する技術分野 数物系科学 総合理工 工学 環境学 
 
 

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所