産総研を支えるもう一つの職種-それは、最先端の研究活動をきめ細かくマネジメントする“事務職員”。スローガンである【技術を社会へ】を実現するために、「技術を生み出す研究者を支える」役割と、「生み出された技術を社会へ送り出す」役割があります。技術を生み出す研究者を支える役割として、研究成果を最大限に活用するための仕組み作りや研究に集中できる環境の整備を行います。また、「生み出された技術を社会へ送り出す」役割として、外部機関と連携するための調整や研究成果の普及活動を行います。
企画立案やマネジメントを行う「総合職」、経理などの定型業務に従事する「地域型任期付職員」、専門業務に従事する「特定業務任期付職員」の3つの職種で募集を行っています。