English

 

情報・人間工学領域のタイトル画像

人と共栄する情報技術

情報は人々が現在の社会生活を送る上で不可欠な要素となっています。安全・快適で豊かな未来社会の実現には情報のサイバー空間と人間・社会のフィジカル空間相互の知的情報を濃厚に融和させることが鍵となります。情報・人間工学領域では、産業競争力の強化と豊かで快適な社会の実現を目指して人間に配慮した情報技術の研究開発を行います。また、情報学と人間工学を柱としたインタラクションによって健全な社会の発展に貢献します。

重要戦略詳細

人工知能技術の開発

人間中心のAI社会を実現するために、説明可能で信頼でき高品質なAI、実世界で人と共進化するAIを実現する技術を開発します。

人間拡張技術の開発

社会の活動全体をサイバー空間に転写しHPC・AI・ビッグデータ技術を駆使して産業や社会変動の予測や最適化を可能にし、更にサイバー空間での計画をフィジカル空間に作用させ介入・評価・改善することで人間の能力の拡張につなげる一連のプラットフォーム技術を開発します。

サイバーフィジカルシステム技術の開発

循環型社会を牽引し、産業構造の変化を先取する新たな顧客価値の創出及び技能の継承・高度化に向けて、人と協調する人工知能(AI)、ロボット、センサ等を融合したサイバーフィジカルシステム技術を開発します。

モビリティ技術の開発

日常生活における人の移動の自由度を高め、新たなモビリティサービスの実現に貢献するために、身体機能、認知機能、知覚機能、社会心理等の影響因子に起因するバリアを低減し移動を支援する技術及び、移動することにより発生する価値を向上させる技術を開発します。

ヘルスケア技術の開発

健康寿命延伸を目的として、個人の心身状態のモニタリングや社会の健康・医療ビッグデータにもとづいて現在および将来の健康状態を可視化する技術や、個人の特性などに応じて、日常生活の中でさりげなく誘導、介入して健康につながる行動変容や早期受検を促す技術を開発します。

セキュリティ技術の開発

サイバーフィジカルシステムの安全と信頼を担保する、セキュリティ強化技術やセキュリティ評価技術、セキュリティ保証のあり方について研究開発します。

デジタルアーキテクチャの推進

データ駆動型のデジタル社会を進展させるため、分野横断的なデータ利用、アプリケーション連携、認証・認可等を垂直統合した部品の再利用を可能とする、社会制度を考慮したデジタル・サービスの標準的な参照アーキテクチャをデザインするとともに、国内外の関連機関とも連携して国際的な標準化を推進します。

産総研の研究活動の結果又は過程として取得されたデータ及び外部のオープンデータを、オンラインアクセスが可能な形式でデジタルデータ群として情報システムとともに整備し、知的資産を体系化、組織化することで社会の基盤的価値の提供を行います。

最近の研究成果

電子回路を簡易に立体成形する技術を開発

平面状の樹脂シートに作製した電子回路を破損させず、簡単かつ高速に立体成形できる技術を開発した。車載パネルなどのように、立体曲面に電子回路が組み込まれた構造物は、立体的に成形した樹脂に部品や配線を後から取り付けることで製造されているが、樹脂の成形工程と回路の取り付け工程が分かれていることが生産速度の向上や低コスト化を妨げていた。今回開発した熱投影成形法は、回路の立体化と樹脂の成形加工を同時に行うことを可能にする技術で、平たんな樹脂のシートに形成した電子回路を壊さずに立体成形できる。成形時にシートに加わる熱を部分的に遮断して、変形を起こさない領域を形成し、そこに実装された半導体チップの破損や配線の変形を回避する。回路の立体化と樹脂の成形加工を同時に行えるため、立体的な電子回路の量産性の向上や回路が埋設されたパネル製品の製造に有効な技術であり、幅広い分野への応用が期待できる。

情報・人間工学領域の最近の研究成果の概要図

今回開発した技術によるLEDパネルの立体成形
[左:成形前、右:成形後(直径10 cmの半球状)]

日本コムギ農林61号など世界15品種の高精度ゲノム解読に成功

世界10ヵ国から成る国際共同研究コンソーシアム「国際コムギ 10+ゲノムプロジェクト」は、世界各地で栽培されているコムギ15品種のゲノム解読に成功しました。日本チームは、日本を代表する実用品種「小麦農林61号」の解読に加え、進化ゲノム解析や染色体観察を担当しました。パンコムギ(学名:Triticum aestivum L.)は、イネ・トウモロコシと並ぶ世界三大穀物ですが、実用品種のゲノム配列情報が不足しており、ゲノム配列の比較解析や、ゲノム情報を利用した現代的な分子育種への展開が遅れていました。今回、de novoゲノムアセンブリというゲノム解析技術を用いることで、初めて、15品種について高精度のゲノム配列を得ることに成功しました。これにより分子育種技術の開発に欠かせない品種間差についての比較ゲノム・進化ゲノム解析が可能となりました。今後、ゲノム情報を活用したパンコムギの育種研究や品種改良が、国内外で飛躍的に進むと期待されます。その中でも農林61号は今回同時に解読された欧米の品種群とは大きく異なる遺伝的背景を持つため、アジアのコムギ品種の参照ゲノムとして広く利用されていくと考えられます。

情報・人間工学領域の最近の研究成果の概要図

国際コムギ10+ゲノムプロジェクトで解読した主なコムギ品種と参加国

研究ユニット

その他の研究推進組織

プロジェクトユニット

  • メディアコンテンツ生態系プロジェクトユニット

研究ラボ

オープンイノベーションラボラトリ

連携研究ラボ・連携研究室

 

情報・人間工学領域研究戦略部

連絡先:情報・人間工学領域研究戦略部

メール:ith-liaison-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)
話:029-862-6028
 

人工知能研究戦略部

連絡先:人工知能研究戦略部 研究企画室

メール:rpd-ai-info-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)
 

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所