English

 

ニュース

2020/01/17

ゼロエミッション国際共同研究センターを設立
-研究センター長に吉野 彰 博士が就任内定-

概要

世界の喫緊の課題である気候変動問題の解決には、環境・エネルギー技術に関する非連続なイノベーションの創出が必要であり、昨年10月の「グリーンイノベーションサミット」において、安倍総理から、世界の英知を集結する「ゼロエミッション国際共同研究拠点」の立ち上げが表明されました。

これを受け、国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という。)は、本年1月末に「ゼロエミッション国際共同研究センター」を設立します。

同研究センターでは、G20を中心とした世界有数の国立研究機関等と共同で、革新的技術に関する研究(再生可能エネルギー、蓄電池、水素、CO2分離・利用、人工光合成等)を行い、ゼロエミッション社会を実現する革新的環境イノベーションの創出を目指します。

研究センター長には、2019年のノーベル化学賞を受賞された吉野 彰博士(旭化成(株)名誉フェロー)が就任予定です。当研究センターの本部は「産総研臨海副都心センター」に設置し、新たな研究施設は「つくばセンター」に整備します。さらに、開発した革新技術の実証を担う「福島再生可能エネルギー研究所(FREA)」や蓄電池開発を行う「関西センター」とも一体として研究を進め、グローバルなゼロエミッション研究の拠点を形成します。

概要図
 

関連情報

 

本件問い合わせ先

報道室
Eメールアドレス:hodo-ml*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所