English

 

ニュース

2016/03/30

産業技術総合研究所と新エネルギー・産業技術総合開発機構及び福井県が新成長産業の創出に関する協定を締結
-福井県内の企業を連携して支援し、ニッチ分野において高い世界シェアを有する企業を創出-

ポイント

  • 福井県内の企業に対して3者が連携して支援する協定を締結
  • 航空・宇宙、ライフサイエンス及びロボットの成長分野において、オープンイノベーションを通じて、ニッチ分野において高い世界シェアを有する企業の創出を図る

概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)と国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構【理事長 古川 一夫】(以下「NEDO」という)及び福井県【知事 西川 一誠】は、相互協力を促進するため、協定を平成28年3月30日に締結した。

この協定を通じ、産総研、NEDO及び福井県が連携して、航空・宇宙、ライフサイエンス及びロボットの成長分野において、国内外の様々な技術シーズを活かして事業化を目指す福井県内の企業を連携して支援し、オープンイノベーションを通じて、ニッチ分野において高い世界シェアを有する企業の創出等を図ることにより、我が国の経済発展に寄与する。

  産総研 NEDO 福井県
主な役割
  • 技術課題への助言
  • 技術導入・課題解決に必要な研究開発の支援、受託研究、共同研究
  • 技術戦略に関する助言
  • 企業ニーズに応じた国内外の技術シーズの発掘
  • 潜在ユーザーとの連携支援
  • 実用化開発への助成
  • 金融機関等との連携による支援
  • 産総研と福井県内企業との共同研究をはじめとする産学官金連携による研究開発等の支援
  • 知的財産の取得、活用に関する支援
  • 販路開拓、企業間のマッチングに関する支援
  • 企業立地に関する支援

連携の内容

航空・宇宙、ライフサイエンス及びロボットの分野において、福井県内の企業のニーズ発掘から研究開発、実用化・製品化、事業化まで切れ目のない支援事業を実施する(図)。

産総研は共同研究等を通じた研究開発支援などを、NEDOは技術シーズの発掘支援や実用化開発への助成などを、福井県はふくいオープンイノベーション推進機構を活用して産学官金連携や企業間マッチング支援などを、相互協力して一体的に推進する。

協定に基づく事業推進イメージ(福井県)の図
図 協定に基づく事業推進イメージ(福井県)

なお、平成28年4月1日に福井県工業技術センター内に「産総研福井サイト」を設置し、当該サイトを拠点として、産総研と福井県内企業との連携構築を役割とする産総研のイノベーションコーディネータが活動を開始する予定である。

 


協定書に署名する(左)産総研中鉢理事長(中)福井県西川知事(右)NEDO 古川理事長と立会者の経済産業省星野大臣官房審議官の写真
協定書に署名する(左)産総研中鉢理事長(中)福井県西川知事(右)NEDO 古川理事長と立会者の経済産業省星野大臣官房審議官
  記者の質問に答える産総研中鉢理事長の写真
記者の質問に答える産総研中鉢理事長

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所