English

 

受賞

2021/03/12

第62回科学技術映像祭 科学技術館館長賞を受賞
日本の骨格を描き出せ! ~地質図作成プロジェクト~

 第62回科学技術映像祭で、広報部が制作しYouTubeチャンネル「かがくチップス」シリーズで公開している「日本の骨格を描き出せ! ~地質図作成プロジェクト~」が科学技術館館長賞を受賞しました。

 科学技術映像祭は、優れた科学技術映像を選奨することで科学技術への関心を喚起するとともに、その普及と向上をはかり、社会一般の科学技術教養の向上に資することを目的として昭和35年に開始された日本で最も権威のある科学技術の映像祭で、「自然・くらし部門」「研究・技術開発部門」「教育・教養部門」の3部門に応募した作品の中から各賞が選定されます。入選作品は、全国の科学館等で上映会が実施されます。

 

【製作意図】
 本シリーズは社会課題解決に向けて研究開発に取り組む産総研の最新成果を広く市民に届け、公的研究機関としての活動内容の理解促進を図ることが目的です。特に、次世代を担う若者に関心を抱いてもらい、科学技術の発展に資することを目的に、YouTubeチャンネルで広く公開しました。
 科学を伝える際にはとかく論理的、説明的になりがちですが、発見の感動、熱意を持って取り組む研究者の姿勢を丁寧に描き、視聴者の気持ちを動かすことができるよう、わくわく感を重視する動画製作を目指しています。

 

【あらすじ】
 今から135年前、国の施策によって始まった壮大なプロジェクトが現在も続いています。国家を作る大地がどのような岩石で出来ているのかを詳細に調査する、言わば日本の骨格図を描き出す一大計画(地質図作成)です。土地を形作る地層や岩石の種類、年代が描かれており、地下資源の調査や、災害予測の元になる国土の基本情報を、約20キロメートル四方の地質図として完成させるには、研究者の地道な調査活動が欠かせません。詳細な国土の基本情報に貢献するため、今なお険しい調査を続け地質図を作り続けています。

地質調査時の様子

詳細な地質情報を求め道なき道を進む

岩石の種類を観察する様子

岩石の種類を観察

岩石から地質情報を読み解く様子

岩石から地質情報を読み解く

20万分の1の地質図

20万分の1の地質図

 

【製作部署】
 広報部、地質情報研究部門

 

【製作スタッフのコメント】
 この度は、栄誉ある賞に選んでいただき、関係者一同大変喜んでおります。科学技術が社会に寄与している今日、科学技術のありがたさや素晴らしさ、そして期待などを多くの市民に理解していただくため、 “人の心に伝わる”新たな映像制作に取り組みました。その第一作が受賞した作品です。「地質図」は、市民の方々には、馴染みの少ないものです。長い歳月を経ながら忍耐強く研究を積み重ねていく歴代の研究者たちの貢献とその成果が伝わるように制作しました。青少年や学生、そして多くのみなさまに、科学技術の世界に興味を持っていただきたいと願っております。是非、ご視聴ください。

 

作品情報:https://www.youtube.com/watch?v=b16iqokbFgE

 

関連情報:

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所