English

 

受賞

2014/02/12

第10回日本学士院学術奨励賞を受賞

平成26年2月10日に日本学士院において、第10回日本学士院学術奨励賞の表彰式が行われ、情報技術研究部門 後藤 真孝 首席研究員が受賞しました。

日本学士院学術奨励賞は、若手研究者を顕彰して今後の研究を奨励することを目的として、日本学士院が平成16年に創設したものです。受賞者は、独立行政法人日本学術振興会の日本学術振興会賞受賞者の中から選ばれます。

第27回独創性を拓く先端技術大賞を受賞者の写真

後藤 真孝 首席研究員

【受賞者】情報技術研究部門 後藤 真孝 首席研究員


【受賞テーマ】
計算機による音楽・音声の自動理解とそのインタフェース応用に関する先駆的研究


【研究業績の概要】
後藤真孝首席研究員は、コンピューターによる「音楽の自動理解技術」という困難な課題に挑み、その成果によって世界的なインパクトを及ぼした音楽情報処理分野の第一人者です。コンピューターが、音楽を音響信号として膨大に蓄積し、再生することは容易でしたが、音楽として混ざり合った複数の音が持つ複雑な時間構造・周波数構造を自動理解することは困難でした。その自動理解のためには、人間が音楽を聴くときに無意識に行う処理を工学的に計算可能にする必要があります。後藤真孝首席研究員は、音楽に対する鋭い洞察と卓抜な数理的操作を通じて、複雑な実世界の音楽音響信号から(1)ビート(拍)の位置を推定し、(2)メロディを抽出し、さらには (3)曲がいちばん盛り上がる「サビ」の区間を同定するための画期的な技術を確立しました。後藤真孝首席研究員はこの技術にもとづく応用研究として、一般ユーザーの参加・貢献によって利便性が向上する能動的音楽鑑賞サービスをインターネット上で実現し、また学術利用可能な研究用音楽データベースを構築して、音楽情報処理分野全体が発展する基盤を築きました。加えて後藤真孝首席研究員は、音声言語情報処理の分野でも新たな発想で優れた成果を挙げました。


▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所