English

 

お知らせ

2021/12/17

ソフトバンクと産総研による「未来コア・デジタル技術共創ラボ」が始動
-スマートシティなど次世代デジタルインフラの構築を推進する共同プロジェクト-

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)と国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下「産総研」)は、社会課題の解決に貢献するとともに今後の成長が期待されるスマートシティなど次世代デジタルインフラに関して、アーキテクチャーの設計、要素技術の研究開発および社会実装を相互に連携して推進するプロジェクト「未来コア・デジタル技術共創ラボ」を、2021年12月16日に開始しました。

「Society 5.0」では、スマートシティやデジタルツインなど現実空間と仮想空間を高度に融合させた次世代デジタルインフラによって、社会課題の解決と経済の発展を両立することが期待されています。「未来コア・デジタル技術共創ラボ」は、このような社会の実現に向けて、最先端のデジタル技術や、グローバルで通用する次世代デジタルインフラの構築に寄与する研究開発および社会実装を進めていきます。また、データ連携を安心・安全に行う社会基盤を構築するため、ソフトバンクと産総研だけではなく、関連する企業や他の研究機関などと連携することも視野に入れて取り組んでいきます。

現実空間と仮想空間をシームレスに融合する基盤の構築に向けて共同研究を実施する「未来コア・デジタル技術連携研究室」を、「未来コア・デジタル技術共創ラボ」内に設置します。初期の研究テーマとして、3次元空間および空間内での人の移動などを時間的・空間的に把握できる情報基盤(時空間情報基盤)の構築に取り組みます。この研究テーマの社会実装を目指すとともに、新たな研究テーマへ発展するような研究開発を進めていきます。

さらに、ソフトバンクと産総研は、積極的に人材交流をしながら共同研究を行うことで、将来を見据えたデジタルインフラを担う人材の創出にも取り組む予定です。

ソフトバンクは、SDGs(持続可能な開発目標)の達成を経営の重要事項と位置付け、六つのテーマを重要課題として定めています。その一つに「オープンイノベーションによる新規ビジネスの創出」を掲げ、さまざまな企業や組織と連携して、新規ビジネスの創出および最新のテクノロジーやビジネスモデルを日本で展開するとともに、新たなビジネスの拡大や普及を支えていく高度な人材の育成と組織の構築を推進しています。

産総研は、「社会課題解決と産業競争力強化」をミッションとして、新たな価値の創造や社会実装を目指した研究開発に取り組んでいます。ソフトバンクとの連携では、スマートシティなどのデジタルサービスを実現する次世代デジタルインフラの研究推進と社会実装を目指します。

 

本件問い合わせ先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
広報部 報道室
TEL:029-862-6216 FAX:029-862-6212
E-mail:hodo-ml*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所