English

 

お知らせ

2018/11/21

「NEC-産総研 量子活用テクノロジー連携研究室」を設立
-量子性に基づいた先端技術領域の研究開発を強化-

日本電気株式会社(代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野 隆、以下 NEC)と国立研究開発法人 産業技術総合研究所(理事長:中鉢 良治、以下 産総研)は、産総研 ナノエレクトロニクス研究部門内に「NEC-産総研 量子活用テクノロジー連携研究室」を設立することに合意しました。

今回新たに設立する研究室では、NECと産総研の研究開発力の融合を図り、量子アニーリングを始めとする量子性に基づいた先端技術領域の研究に注力し、量子コンピュータの研究開発を加速します。研究室は産総研 つくばセンター内に、2019年3月1日に設置する計画です。

NECは1999年に超電導固体素子を用いた量子ビットの動作実証に世界で初めて成功して以来、量子ビットや量子状態を制御するデバイス・回路の研究を継続してきました(注1)。現在は、従来技術をはるかに上回るスピードで組合せ最適化問題を計算できる量子アニーリングマシンの研究開発を進めています。本年10月には国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構による新規事業採択を受け(注2)、量子アニーリングマシンに関して産総研を含む幅広い機関と共同で開発を進める体制を整えました。今回、産総研と設立する研究室は、こうした動きをさらに加速するものです(注3)。

産総研は、超電導デバイスの開発や量子物理学などの蓄積を有しており、低温超電導デバイス作製用機器と関連するノウハウを統合・集約した世界トップレベルの共用研究開発施設、超電導アナログ・デジタル開発施設(CRAVITY)を運営しています。自らの各種超電導デバイスの作製、研究開発に利用するとともに企業、大学などに提供し、超電導デバイスの研究開発に貢献してきました。

産総研の大型連携のための制度である連携研究室(注4)では、企業の研究者をグループ単位で受け入れることが可能です。産総研は、この連携研究室などの取り組みにより、基礎研究の成果をイノベーションにつなげる「橋渡し」を推進しています。


(注1)
量子アニーリングの組合せ最適化機能を大幅に向上する方式に目途、実用化に向けた取り組みを加速(2018年1月23日)
https://jpn.nec.com/press/201801/20180123_02.html [参照元へ戻る]
(注2)
高効率・高速処理を可能とする量子アニーリングマシンの研究開発に採択
(2018年10月9日)
https://jpn.nec.com/press/201810/20181009_04.html [参照元へ戻る]
(注3)
場所:産総研 つくばセンター(茨城県つくば市)、人員:設立時は十数名程度の予定 [参照元へ戻る]
(注4)
現在、企業名を冠した10の連携研究室、連携研究ラボが活動中
https://www.aist.go.jp/aist_j/information/organization/kammuri_lab [参照元へ戻る]

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所