お知らせ

2022/02/25

萩生田 光一 経済産業大臣が福島再生可能エネルギー研究所をご視察

2022年2月12日(土曜日)、萩生田 光一 経済産業大臣が、産総研福島再生可能エネルギー研究所(福島県郡山市)をご視察されました。

冒頭、産総研 理事長 石村和彦よりご挨拶や産総研の概要を述べ、所長 宗像鉄雄より福島再生可能エネルギー研究所の概要を説明しました。

続いて「被災地企業等再生可能エネルギー技術シーズ開発・事業化支援事業」※を通じて開発された製品の概要や今後の展望等について、株式会社朝日ラバーの説明をお聞きいただきました。

その後、水素製造や水素キャリア、太陽光発電、次世代型パワーコンディショナ、風車要素技術及び洋上風況評価手法等の高性能化、地熱や地中熱の利用技術等について各分野の研究者から説明し、実証設備や実験装置をご覧いただきました。

萩生田経済産業大臣からは「2050年までのカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現に向け、アジア、そして世界をリードする研究開発を実施してほしい」と激励のお言葉を頂きました。

※被災地企業等再生可能エネルギー技術シーズ開発・事業化支援事業: 産総研福島再生可能エネルギー研究所では、東日本大震災による被災地域に所在する企業が持つ、再生可能エネルギー関連技術やノウハウなどの事業化支援を行っている。
http://www.fukushima.aist.go.jp/seeds/index.html

ご視察の様子写真

企業が開発した製品の説明をお聞きになる萩生田経済産業大臣(左)
 

ご視察の様子写真

再生可能エネルギー統合実証フィールドにて、
研究内容をお聞きになる萩生田経済産業大臣(中央)