English

 

お知らせ

2021/07/07

ゼロエミッション国際共同研究拠点竣工記念シンポジウムを開催

ゼロエミッション国際共同研究センター(GZR)では、2021年3月末のつくばセンター西事業所の研究拠点竣工をうけて、6月22日に記念シンポジウムをオンライン開催しました。
はじめに、石村理事長が開会の挨拶を行いました。続いて、梶山弘志 経済産業大臣、海外連携先の米国エネルギー省国立再生可能エネルギー研究所 マーティン・ケラー所長、ドイツ フラウンホーファー研究機構 アレクサンダー・カーツ副理事長よりビデオメッセージを賜り、GZRへの期待が述べられました。ゼロエミッション国際共同研究拠点のビデオ映像によるバーチャル見学後に、吉野研究センター長より「イノベーションによるゼロエミッション社会の実現に向けて」と題して、GZRの活動について紹介がありました。その後、GZRにおける研究開発の現状とこれまでの成果として、次世代太陽電池、人工光合成、水素/カーボンリサイクルの3つのテーマについて、吉田副研究センター長、佐山首席研究員、高木研究チーム長よりそれぞれ紹介がありました。最後に、村山副理事長の挨拶により閉会しました。

本シンポジウムの当日の総アクセス者数は940件と大変多くの方にご参加頂きました。

石村理事長 梶山大臣
吉野センター長 ゼロエミッション国際共同研究拠点

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所