English

 

お知らせ

2021/06/10

自動運転レベル4等先進モビリティサービス研究開発・社会実装プロジェクト(RoAD to the L4)のコーディネート機関に決定

2021年6月10日
国立研究開発法人 産業技術総合研究所

概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 石村 和彦】(以下「産総研」という)は、経済産業省が国土交通省と連携し、自動運転レベル4 ※1等の先進モビリティサービスの実現・普及に向けて、研究開発から、実証実験、社会実装まで一貫して取り組む「自動運転レベル4等先進モビリティサービス研究開発・社会実装プロジェクト ※2(RoAD to the L4 ※3)」の総合的調査検討を行う幹事機関(コーディネート機関)に選出されました。

産総研は、株式会社野村総合研究所、日本工営株式会社、株式会社三菱総合研究所、株式会社テクノバ、豊田通商株式会社とコンソーシアムを組み、幹事機関として経済産業省および国土交通省の令和3年度「無人自動運転等の先進MaaS 実装加速化推進事業(無人自動運転等の先進MaaS 実装加速化のための総合的な調査検討・調整プロジェクト ※4)」を推進しています。このコンソーシアムが、コーディネート機関に決定し、プロジェクトコーディネータには、情報・人間工学領域 ヒューマンモビリティ研究センター 横山 利夫 招聘研究員が就任することになりました。

自動運転レベル4等先進モビリティサービス研究開発・社会実装プロジェクト(RoAD to the L4)は、技術開発、調査分析、実証実験にとどまらず、意義、目標等を踏まえ、レベル4等先進モビリティサービスの社会実装を目指し、自動運転・MaaS の個別テーマに取り組むだけでなく、人材育成、社会受容性等の横断的な課題にも取り組みます。このプロジェクトの研究開発・社会実装計画に基づき、コーディネート機関は、総合的な調整、調査、検討を進め、社会実装の加速を推進していきます。

※1:自動運転レベル4とは、特定の走行環境条件を満たす限定された領域において、自動運行装置が運転操作の全部を代替する状態と定義されています。
参考:国土交通省HP:https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001377364.pdf

※2:経済産業省HP:「自動運転レベル4等先進モビリティサービス研究開発・社会実装プロジェクト(RoAD to the L4)」について
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/automobile/Automated-driving/automated-driving.html

※3:Project on Research, Development, Demonstration and Deployment (RDD&D) of Autonomous Driving toward the Level 4 and its Enhanced Mobility Services (プロジェクトの英訳から呼称を命名)

※4:経済産業省・国土交通省 令和3年度 「無人自動運転等の先進MaaS 実装加速化推進事業(無人自動運転等の先進MaaS 実装加速化のための総合的な調査検討・調整プロジェクト)
経済産業省公募時HP:https://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/2021/k210319001.html
経済産業省採択結果HP:https://www.meti.go.jp/information/publicoffer/saitaku/2021/s210428003.html
MaaS:Mobility as a Service、マース:人々の移動に革新をもたらす新たなサービス
参考:国土交通省HP 日本版MaaS の推進:https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/japanmaas/promotion/index.html

上記URL 最終アクセス2021年6月10日

研究開発・社会実装計画の詳細については、基本的事項と概要の参考資料を参照してください。

参考資料

研究開発・社会実装計画(基本的事項)【PDF:0.4MB】
研究開発・社会実装計画(概要)【PDF :1.1MB】

本件に対する問い合わせ先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
情報・人間工学領域 ヒューマンモビリティ研究センター
担当者:横山、加藤
電話番号:029-861-7036、FAX番号:029-861-7127

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所