English

 

お知らせ

2021/04/30

井上信治内閣府特命担当大臣がつくばセンターをご視察

令和3年4月3日(土曜日)、井上信治内閣府特命担当大臣(科学技術政策、宇宙政策)が、産総研つくばセンター(茨城県つくば市)をご視察されました。

冒頭、村山宣光副理事長兼研究開発責任者がご挨拶を述べ、産総研の概要をご説明しました。

その後、研究現場のご視察に移り、「超伝導量子コンピュータの研究開発」として、量子デバイス開発拠点の共用施設である超伝導集積回路専用クリーンルーム(CRAVITY)と超伝導量子コンピュータ極低温性能評価施設をご見学いただきました。また、「触媒インフォマティクスを活用した高性能触媒の開発」として、ハイスループット合成・評価システムとデータ科学による触媒インフォマティクスを活用した高性能触媒の開発についてご説明いたしました。続いて「窒素循環問題解決に資するアンモニア吸着材」として、様々な環境問題の原因であり、処理に多大なエネルギーを消費している、排ガス・廃水中の窒素化合物を回収・資源化する技術をご説明いたしました。

ご視察の様子写真

「窒素循環問題解決に資するアンモニア吸着材」のご説明をお聞きになる井上大臣(左から2人目)

産総研幹部との集合写真

井上大臣(右から3人目)と産総研幹部との集合写真
 

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所