English

 

お知らせ

2018/02/09

西銘 恒三郎 経済産業副大臣が臨海副都心センターをご視察

平成30年2月6日(火)、西銘 恒三郎 経済産業副大臣が産総研臨海副都心センター(東京都江東区)をご視察されました。

冒頭、三木幸信副理事長がご挨拶を述べ、宇都浩三臨海副都心センター所長が臨海副都心センターの概要を説明しました。

続いて、臨海副都心センターで行っている人工知能に関する研究について、人工知能研究センターの谷川民生副研究センター長、坂無英徳研究チーム長が説明しました。

その後、4か所の研究現場のご視察では、生活密着型人工知能-リビングラボ、デジタルヒューマンとIoTデバイスによる新たな人間計測、天然物ライブラリー、ライフサイエンス実験ロボット「まほろ」について、それぞれ研究担当者より説明しました。

地元企業が開発した製品の説明をお聞きになる浜田復興副大臣(右)の写真
デジタルヒューマンとIoTデバイスによる新たな人間計測の説明をお聞きになる西銘副大臣(右)
  スマートシステム研究棟電波暗室で説明をお聞きになる浜田復興副大臣(中央)の写真
ライフサイエンス実験ロボット「まほろ」の実演をご覧になる西銘副大臣

▲ ページトップへ