English

 

お知らせ

2018/12/18

産総研技術移転ベンチャー SteraVisionが資金調達を実施

国立研究開発法人 産業技術総合研究所(理事長:中鉢 良治)の技術をベースとして設立された産総研技術移転ベンチャーの株式会社SteraVision(本社:茨城県つくば市、代表取締役:上塚 尚登)が、ニッセイ・キャピタル株式会社、360ipジャパン株式会社を引受先とする第三者割当増資による資金調達を実施しました。

株式会社SteraVisionと第三者割当増資の概要
会社名:株式会社SteraVision
代表者:代表取締役 上塚 尚登
設立:平成28年12月
主な事業内容:
・人の眼が持つ高度な視覚機能(好きなところを重みづけしたスキャンが可能)を有するソリッドステートスキャナー(MultiPol)の製造・販売
・霧、豪雨、スモッグなどの悪条件でも遠方の障害物を検知できる高性能LidarDigital Coherent LidarM)の製造・販売

〇引受先(新規株主)
・ニッセイ・キャピタル8号投資事業有限責任組合(本社:東京都千代田区)
・360ipジャパンファンド1号投資事業有限責任組合(本社:東京都渋谷区)

〇資金調達の目的
自動運転やロボットビジョンに不可欠なMultiPolDigital Coherent Lidarの早期市場投入
 

株式会社SteraVision ホームページ


▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所