English

 

研究ハイライト 世界最小線幅の印刷技術で実現!低反射・高耐久偏光シート

エレクトロニクス・製造領域
世界最小線幅の印刷技術で実現!低反射・高耐久偏光シート
-炎天下の見づらい!を減らす偏光制御に、世界最高クラスの印刷技術を適用-
  • 製造技術研究部門穂苅 遼平
  • 栗原 一真

掲載日:2020/10/09

超高精細金属インク印刷が織りなす低反射・高耐久の偏光シート

金属インクでワイヤーグリッド偏光素子構造を作り、偏光度99%以上、従来の反射率51%に対し1/10以下(5%以下)の低反射率ワイヤーグリッド偏光シートを実現した。

低反射率で高耐久性の偏光シートの写真
図 今回開発した低反射率で高耐久性の偏光シート
 

高い偏光度と耐熱性を両立したワイヤーグリッド偏光素子の弱点

偏光素子は、液晶ディスプレイのみならず、液晶プロジェクターなどの光学機器、ヘッドアップディスプレイなどの車載機器、液晶露光装置などの製造装置、偏光サングラスなど広い分野に欠かせない偏光制御技術を支える光学素子である。車載機器や液晶プロジェクターなど想定される使用環境では、製品を構成する素子に高い耐久性(耐熱性、耐湿性、耐光性)が求められる。 従来のワイヤーグリッド偏光素子は、偏光度が高い、透過率が高い、薄い、といった特長を兼ね備えているが、反射率が高く、その用途は液晶プロジェクターなどに限られていた。

偏光シート印刷機の写真
 

世界最小!線幅50nm以下の印刷技術が偏光度99%、反射率4%を実現

今回、ナノインプリント技術と印刷技術を融合させて、ワイヤーグリッド偏光素子の構造(可視光の波長より細い幅で高アスペクト比)を金属インクで形作り、適切な焼成により、世界に先駆けて偏光度99 %以上、反射率5 %以下の低反射率ワイヤーグリッド偏光シートを実現した。この技術により従来のワイヤーグリッド偏光素子の特長を活かしつつ、反射率を低減できた。また、耐熱性、耐湿性、耐光性、耐スクラッチ性も備えているため、光学分野のみならず、これまで応用が難しかった眼鏡業界、自動車業界などへの展開も期待できる。

栗原研究グループ長の写真
 

次なる狙いは透過率との両立

今回は印刷技術を応用することでワイヤーグリッド偏光素子の低反射化を達成したが、今後は偏光度と透過率を両立すべく研究開発を推し進める。

穂苅主任研究員の写真
 
 

本研究テーマに関するお問合せ先

穂苅主任研究員の写真
栗原研究グループ長の写真
製造技術研究部門 表面機能デザイン研究グループ

主任研究員 穂苅 遼平(ほかり りょうへい)

研究グループ長 栗原 一真(くりはら かずま)

〒305-8560 茨城県つくば市並木1-2-1 つくば東

メール:webmaster-am-ri-ml *aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

ウェブ:https://unit.aist.go.jp/am-ri/

https://unit.aist.go.jp/am-ri/ja/groups/sid/ja/

 

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所