English

 

計量標準

水の三重点セル20181113001

気体(水蒸気)、液体(水)、固体(氷)が同時に存在する三重点を実現する容器です。清浄したガラス容器内に、高純度の水を封入しています。容器の中心軸上には、温度計を挿入するためのガラス管を備えています。そのガラス管の内部を冷却することで水の一部を固化させて、三重点を実現しています。

温度の単位であるケルビンは、水の三重点の温度を273.16ケルビンに定めることで定義されていました。三重点(気体、液体、固体が同時に存在する状態)では温度と気圧が1点に定まりまることから、定義として利用されてきました。改定後は、基礎物理定数のひとつであるボルツマン定数に基づく定義となります。水の三重点温度から離れた低温、高温での精密測定への貢献が期待されます。

水の三重点セルの写真
画像サイズ 1235×2863(2.05MB)
整理番号 20181113001
領域 計量標準総合センター

写真の使用について

上記画像は解像度を下げて表示しています。同画像の高解像度版(画像横にサイズを記載)の使用を希望される場合は、ご利用条件をご確認の上、総合問い合わせフォームより、「産総研ウェブページに掲載されている著作物の使用申請」を選択してお問い合わせください。

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所