English

 

平成19年度 医療機器開発ガイドライン策定事業 事業報告書

戦略的技術開発
医療機器開発ガイドライン策定事業
(医療機器に関する技術ガイドライン作成のための支援事業)

 高齢社会を迎えたわが国において、「国民の長寿」と「質の高い生活」を実現するためには、新しい医療機器の開発と医療現場への円滑な導入が不可欠です。このためには、今後の医療機器分野の活性化・国際競争力の強化を図り、迅速な開発と迅速な審査を実現し、また、産業の育成の観点から、医療機器に関連する研究開発の指針と事業の経済見通しを明確化することが必要と考えます。

 これらの目的のために、平成17年度において経済産業省に「医療機器開発ガイドライン評価検討委員会」と厚生労働省に「次世代医療機器評価指標検討会」が設置 [PDF:87KB]され、これらの検討会が連携(合同検討会)して、新しい医療機器の開発促進および迅速な薬事承認審査に活用できるガイドラインの策定が検討されています。

 産業技術総合研究所では、経済産業省より「医療機器に関する技術ガイドライン作成のための支援事業」を受託し、医療機器に関連する技術分野ごとに医学系学会、工学系学会および関連企業からの専門家によって構成する開発ワーキンググループを組織しました。本ワーキンググループ等の運営により、医療機器開発における評価指標ガイドライン作成のための問題点の抽出と内容の分析、諸外国における医療機器に関する標準やガイドラインの調査も併せて実施いたしました。

 この結果、6件の開発ガイドライン(「ナビゲーション医療分野(骨折整復支援システム)開発ガイドライン2008」、「ナビゲーション医療分野(脳腫瘍焼灼レーザスキャンシステム)開発ガイドライン2008」、「ナビゲーション医療分野共通部分開発ガイドライン2008」、「体内埋め込み型材料分野(次世代(高機能)人工股関節)開発ガイドライン2008」、「体内埋め込み型材料分野(ハイブリッド型人工骨・骨補填材)開発ガイドライン2008」、「再生医療分野(ヒト細胞培養加工装置についての設計ガイドライン)開発ガイドライン2008」)を提案するに至りました。これらのガイドラインは経済産業省のホームページにて公開いたしております。ワーキンググループにおける審議の過程、調査結果などを以下の報告書にまとめました。

 他方、平成17年度において、開発ガイドラインを提案した「体内埋め込み型能動型機器(高機能人工心臓システム)」と「テーラーメイド医療用診断機器(DNAチップ)」に関しましては、機器の開発などにおいて必要不可欠な標準化を議論していただきました。

  • 事業報告書(全体概要) [PDF:32.9MB]
  • ナビゲーション医療(手術ロボット) [PDF:3.3MB]
  • 体内埋め込み型材料(生体親和性インプラント) [PDF:1.4MB]
  • 再生医療(細胞シート) [PDF:8.1MB]
  • 体内埋め込み型能動型機器(高機能人工心臓システム) [PDF:8.9MB]
  • テーラーメイド医療用診断機器(DNAチップ) [PDF:1.6MB]

 他方、次世代医療機器評価指標検討会において、迅速な審査に必要なガイドラインに関して検討がなされております。本件は、国立医薬品食品衛生研究所が事務局となり、審査ワーキンググループを設置して審査の迅速化という観点から種々の検討が進められております。同研究所のホームページに掲載される審査ワーキングループの報告書(http://dmd.nihs.go.jp/jisedai/)も併せてご覧下さい。

関連リンク

連絡先

医療機器開発ガイドライン検討実務委員会事務局

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
生命工学領域 健康工学研究部門
〒305-8564 茨城県つくば市並木1-2-1
email : md-guidelines*aist.go.jp (*を@に変えて送付してください)


▲ ページトップへ