産総研について

 産業技術総合研究所は日本の産業を支える環境・エネルギー、ライフサイエンス、情報通信・エレクトロニクス、ナノテクノロジー・材料・製造、計測・計量標準、地質という多様な6分野の研究を行う我が国最大級の公的研究機関です。
 本部を東京及びつくばに置き、つくばセンターを除く全国8ヶ所にそれぞれ特徴ある研究を重点的に行う地域センターを配しています。総職員数は約3,000名。その内2,000名以上の研究者が、組織・人材・制度を集積する「オープンイノベーションハブ」構想の基に、産業界、大学、行政との有機的連携を行い、研究開発からイノベーションへと展開しています。

「持続可能な社会の構築」への取り組み

わたしたちは、持続可能な社会の構築に向けて、グリーン・テクノロジーによる豊かで環境に優しい社会の実現とライフ・テクノロジーによる健康で安全な生活の実現を目指します。

オープンイノベーションプラットフォーム

  • 産総研理事長 中鉢 良治(ちゅうばち りょうじ) よりご挨拶申し上げます。
  • 産総研の基本情報を掲載しております。
  • 産総研憲章や研究者行動規範、男女共同参画宣言などを掲載しております。
  • 役員を始めとする組織体制や組織図などのご紹介です。
  • 北海道から九州までの全国に配置した研究拠点のご紹介です。
  • 第3期 研究戦略に関するご説明です。
  • 中期目標、中期計画、年度計画や年報、各種事業報告書などの報告書などを掲載しております。
  • 各試験所、調査所から工業技術院傘下の研究所を経て、産業技術総合研究所となるまでをご説明させていただきます。

▲ ページトップへ