English

 

研究職(修士型)


 産総研では、研究開発業務を担う研究者として、修士課程を修了した人材を募集します。日本の代表として、各研究分野で産業や研究開発の基盤を支え、イノベーションをリードしていく仕事です。

平成31年4月採用の研究職員(修士型)の採用条件は以下の通りです。(※応募受付を終了しました。)


1.応募方法


プレエントリーページへのリンク画像

※平成31年4月採用のエントリー受付は終了しました。

▲ ページトップへ


2.募集要領

募集職種 研究職員(任期の定めのない定年制の職員)
採用予定人数 10名程度
応募資格

以下2つの条件を満たすこと。

○大学院修士修了(または見込み)以上

○1988年(昭和63年)4月2日以降生まれの者

 

※補足

○新卒・既卒不問。但し、次のいずれかに該当する者を除く。

  • 成年被後見人、被保佐人及び被補助人。
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその刑の執行を受けることがなくなるまでの者。
○日本国籍を有していない場合は、採用予定日までに日本国内における当研究所で就労するために必要な在留資格を取得すること。
採用予定日 原則として、平成31年4月1日
主な職務内容 下記のいずれかの研究開発業務に従事する

①「計測・計量標準」に関する研究開発業務 (計測工学、機械工学、電気・電子工学、量子物理学、材料工学、有機・無機化学、分析化学、生物学、統計学 のいずれかへ従事)
②「地質」に関する研究開発業務(平成31年4月は、「海洋地質調査に基づく海底地質図の作成」「粘土等の非金属鉱物に関するフィールド調査および機能性評価・改良に関する研究」「地震・火山、あるいは地質の長期変動に係る調査研究」
のいずれかへ従事
③「生命工学」に関する研究開発業務(分⼦⽣物学、⽣化学、遺伝⼦⼯学、⽣物学、細胞⼯学、再⽣医療⼯学、核酸科学、タンパク質科学 、糖鎖⼯学、薬学、代謝⼯学、臨床医学、医⽤⼯学、流体⼯学、材料科学、分析化学 
のいずれかへ従事
④「エネルギー・環境」に関する研究開発業務(熱工学、流体工学)
勤務時間 1日7時間45分、週38時間45分勤務
勤務形態 フレックスタイム制、裁量労働制又は標準時間制
勤務地 主に、茨城県つくば市

▲ ページトップへ


3.待遇

基本給月額 修士修了 213,900円以上 (平成28年4月初任給実績)
昇給 年1回
賞与
(業績・期末手当)
年2回(6月および12月)
その他諸手当 職責手当、扶養手当、超過勤務手当、住居手当、通勤手当 等。
休日・休暇等 土日、祝祭日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)。
年次有給休暇(年最大20日付与。残日数は20日を限度として翌年に繰越可)、


病気休暇、特別休暇(夏季、育児、結婚、出産、忌引等)。

育児休業制度、介護休業制度あり。
※仕事と育児を両立できる職場環境の整備に取り組み、2014年10月に次世代認定マーク「くるみん」の認定を受けました。
福利厚生 健康保険・年金加入(経済産業省共済組合加入)、雇用保険・労働者災害補償保険加入。
貯蓄・貸付制度等、託児施設(つくば・中部・関西)、診療所、体育館、テニスコート、宿泊研修施設 等。
研修制度等 階層別研修、プロフェッショナル研修、スキルアップ自己研修、海外派遣研修、外国語学校・資格取得補助制度、 メンタリング、OJT育成制度 等。

▲ ページトップへ


4.選考プロセス(平成30年3月1日時点)

【必須】
プレエントリー受付
平成30年3月1日~4月中旬
エントリーシート受付 平成30年3月1日~4月中旬
エントリーシート選考 平成30年4月下旬
適性検査等 平成30年4月下旬~
   場所:各主要都市、つくばセンターなど
面接選考 平成30年6月上旬
   場所:つくば
最終合格発表 平成30年6月上旬

▲ ページトップへ

5.採用説明会スケジュール

説明会スケジュールはこちらから
 

6.採用実績

人数
(内、女性人数)
平成28年度 平成29年度 平成30年度
3(2)人 4(1)人 6(2)人

▲ ページトップへ


7.職員紹介

keisoku1 keisoku2 keisoku3 jimu4
赤松 大輔
入所年 2009年

物理計測標準研究部門
時間標準研究グループ
阿部 陽香
入所年 2007年
 
物質計測標準研究部門
熱物性標準研究グループ
岸川 諒子
入所年 2010年

物理計測標準研究部門
電磁気計測研究グループ
清水 森人
入所年 2011年

分析計測標準研究部門
放射線標準研究グループ


 

keisoku5 keisoku6 keisoku7
山口 祐
入所年 2011年

物理計測標準研究部門 
応用熱計測研究グループ
野里 英明
入所年 2005年
 
工学計測標準研究部門 
強度振動標準研究グループ
飯泉 英昭
入所年 2012年

工学計測標準研究部門 
圧力真空標準研究グループ


▲ ページトップへ

8.採用に関するFAQ

よくある質問と回答
 

▲ ページトップへ

参考:産総研とは?

産総研とはどのようなところ?

どのような研究をしているの?

▲ ページトップへ


採用に関するお問合せ先

新卒採用に関するお問い合わせ(職員採用審査会事務局)

email : aist-saiyo19-ml*aist.go.jp (*を@に変えて送付してください)
電話 : 029-862-6282(直通) FAX: 029-862-6049



▲ ページトップへ