English

 

研究職員採用 FAQ

研究職員採用に関する、よくある質問と回答です。

Question


Answer

応募に年齢制限はありますか。また、定年は何歳ですか。

応募には年齢制限を設けておりませんが、定年は60歳としております。

修士型研究員には年齢制限がありますのでご注意ください。

▲ ページトップへ

応募書類の持ち込みは可能ですか。

応募書類は全てJREC-IN経由による電子媒体形式にてお願いいたします。

▲ ページトップへ

推薦状はコピーでもかまいませんか。また、応募書類と別送してもよいですか。

応募時点では原本必須とはしませんが、最終面接では原本の提出を必須とします。(推薦者の署名または捺印が必要です)。スキャンした推薦状をプリントアウト、もしくはメールの添付ファイルで送ったものはコピーと見なします。
また、推薦状を推薦者自身が弊所へ直送することを希望する場合は、別送でもかまいません。
推薦状の宛名は「国立研究開発法人 産業技術総合研究所理事長 中鉢 良治」としてください。

▲ ページトップへ

応募書類の「E.研究業績2~3点(論文別刷り等)」が製本されている場合はどうしたらよいですか。

スキャナーでスキャンした上、応募書類とまとめて1つのPDFファイルとしてください。

▲ ページトップへ

海外からの応募のためA4用紙が用意できません。応募書類をレターサイズで提出してもいいですか。

レターサイズでも結構です。

▲ ページトップへ

旧姓を使用していますが、どのように記載すればよいですか。

括弧書きで戸籍名を併記してください(応募書類FとIを除く)。
例:『産業(戸籍名:総合)太郎』

▲ ページトップへ

5年一貫制博士課程に在籍しているため、博士後期課程に進学する際に修士論文の提出しておらず、修士号も取得していません。 その場合は、Bに記載すべき修士論文名や、Dの修士論文要約は空欄のまま提出しても問題ないでしょうか。

修士論文は対象外である旨のみ1行ご記入ください。

▲ ページトップへ

推薦状に様式はありますか。

推薦状はフリーフォーマットで問題ございません。
ただし宛先は弊所理事長としてください。

▲ ページトップへ

推薦状の執筆者は産総研関係者以外の者(大学の指導教官等、英文も可)に限るとのことですが、例えば、招聘研究員や客員研究員など、産総研の研究員の身分を持っている外部の大学の先生などは、産総研関係者に含まれますでしょうか。

「産総研関係者」については、主として産総研で業務を行っている者(産総研常勤職員等)となります。

つきましては、他大学で教授をされており、月に数度産学官制度来所者として、産総研に来所されている方は、対象外となります。

▲ ページトップへ

【修士型研究職員】博士号を取得しているのですが、修士型研究職員への応募は可能ですか。

修士号取得(または見込み)以上の方で、その他の応募要件を満たしていれば応募していただけます。


 

▲ ページトップへ


▲ ページトップへ