産総研トップへ

四国研究プラットフォーム

四国研究プラットフォームについて

〇目的
四国の大学と産総研が、技術ポテンシャルの融合や補完などに取り組む「場(環境)」を整備し、地域社会活性化に向けて力を結集する。

〇研究プラットフォームづくりに向けた取り組み
平成17年  8月 四国5大学・産総研連携協力・推進協定締結
平成18年11月 高知工科大学・産総研連携協力・推進協定締結
平成21年  3月 「四国力協創産学官共同体構想」を、5大学、四国経済連合会、4県が提案(産総研四国センター、高知工科大学は協力機関として参画)
平成21年  6月 第15回大学・産総研四国連絡協議会(合同)において、「食と健康に関する四国力協創産学官共同体構想」の再構築で合意。
平成22年  9月 四国国立大学協議会において、研究プラットフォーム構想を報告・討議。高知工科大学学長に報告。
        まず、「食と健康」分野で取り組むことで合意。
平成22年12月 四国研究プラットフォーム第1回実務者会議に報告。
平成23年  4月 産総研四国センターから「食と健康」研究プラットフォーム企画案を提案。
平成23年10月 四国研究プラットフォーム第2回実務者会議にて平成23年度の活動状況を報告。
平成24年  2月 四国国立大学協議会において、学長に報告・討議。高知工科大学学長に報告。
平成24年  5月 四国研究プラットフォーム第3回実務者会議開催。「食と健康」研究プラットフォームの継続と分野拡大について討議。
        その後、平成24年度は、「四国・住みたいまちに生きる」をテーマに検討することについて了解あり。
平成25年  5月 四国研究プラットフォーム第4回実務者会議開催。「四国・住みたいまちに生きる」WGの継続と「食と健康」に関する大学等の研究シーズに係る
        情報発信の継続を了解。
平成26年  5月 四国研究プラットフォーム第5回実務者会議開催。
平成27年  6月 四国研究プラットフォーム第6回実務者会議開催。
平成27年11月 「四国オープンイノベーションワークショップ」を香川県高松市にて開催。
平成28年  8月 四国研究プラットフォーム第7回実務者会議開催。
平成28年11月 「四国オープンイノベーションワークショップ in 松山」を愛媛県松山市にて開催。
平成29年  6月 四国研究プラットフォーム第8回実務者会議開催。

6大学共同「「食と健康」に関する相談窓口」など

1.「食と健康」に関する6大学研究シーズ





2.「食と健康」に関する技術相談窓口

徳島大学へのリンク 香川大学へのリンク 愛媛大学へのリンク 徳島県
工業技術センター
香川県
工業技術センター
高知大学へのリンク 鳴門教育大学へのリンク 高知工科大学へのリンク 愛媛県
産業技術研究所
高知県
工業技術センター



3.活動実績


平成28年度:イベント 『四国オープンイノベーションワークショップ in 松山』の開催
平成27年度:イベント  『四国オープンイノベーションワークショップ』の開催
平成25年度:研究論文 遍路の健康状態に及ぼす影響調査
平成25年度:中間報告 四国・住みたいまちに生きる(PDF:5.3MB)
平成24年度:中間報告 四国・住みたいまちに生き(PDF:6.8MB)
平成23年度:提言集 研究者が語る、食と健康 (電子ブック版)
  『食品中機能性成分の分析法マニュアル』の作成
  『食品分析フォーラム』の設置
※四国オープンイノベーションワークショップで使用した講演資料集の冊子を、在庫限りにて送付いたします。
 ご希望の方は、四国センター産学官連携推進室【shikoku-event-ml@aist.go.jp】まで、氏名・会社名(団体名、機関名)・送付先住所を明記のうえ、
 お申込み下さい。後日、郵送にて送付させていただきます。
 なお、現時点での在庫数は以下のとおりです。
 ・平成27年度分:あり
 ・平成28年度分:僅少




四国研究プラットフォームに関するお問合せ先

国立研究法人 産業技術総合研究所 四国センター

〒761-0395 香川県高松市林町2217-14
電話 : 087-869-3511
E-mail : webmasters-shikoku-ml@aist.go.jp