English

 

2015研究ハイライト 産業用ロボット技術によるバイオメディカル実験ロボット「まほろ」の産業展開

注目ポイント

産総研は安川電機とともに、バイオメディカル分野におけるベンチワークの自動化を目指し、汎用ヒト型ロボット「まほろ」を開発しました。

まほろの写真


「まほろ」は、すでに特定作業においては熟練作業者より優れた実験精度と再現性を得ることができます。さらなる汎用性と性能向上により、バイオ実験の高精度化や危険な作業の無人化などが可能となり、創薬の効率化を実現できます。

関連リンク


本研究テーマに関するお問合せ先

夏目研究センター長の写真  
創薬分子プロファイリング研究センター 研究センター長 夏目 徹(なつめ とおる)

〒135-0064 東京都江東区青海2-4-7 産総研 臨海副都心センター別館

E-mail:molprof-contact-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)
TEL : 03-3599-8100(研究センター代表)
Web:http://www.molprof.jp/


▲ ページトップへ