English

 

受賞

2016/10/19

「まほろ」が第7回ロボット大賞優秀賞を受賞しました

まほろの写真

 2016年10月19日にJapanRobotWeek2016の一環として、第7回ロボット大賞の表彰式が東京ビッグサイトで行われ、国立研究開発法人産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下、「産総研」という)と産総研発ベンチャーのロボティック・バイオロジー・インスティテュート株式会社【代表取締役 髙木 英二】の「まほろ」が優秀賞を受賞しました。

 ロボット大賞は、我が国のロボット技術の発展やロボット活用の拡大等を促すため特に優れたロボットや部品・ソフトウェア、それらの先進的な活用や研究開発、人材育成の取組みなどを表彰する制度です。

受賞ロボット

 まほろ(バイオ産業用汎用ヒト型ロボット:ラボドロイド)

 [ロボティック・バイオロジー・インスティテュート株式会社/国立研究開発法人産業技術総合研究所]

 

概要

 既存の実験機器を活用しながら熟練作業者による実験手順が再現可能なバイオ産業用汎用双腕ロボット。多種多様な実験作業をロボットに置換するだけでなく、手作業のばらつきや個人差、ミスを排除し、人以上に高い正確性・再現性を実現。


審査委員の評価

 単にバイオメディカル分野における人代替のロボット応用というのでなく、実験室の自動化を一歩進めて、実験行為の標準化やトレーサビリティ向上を目的としたシステムを開発し、それにより社会価値を追求していく姿勢を評価。

(同賞のホームページより)

表彰式の写真
表彰式の様子

関連動画

関連情報

第7回ロボット大賞ホームページへのリンクバナー

▲ ページトップへ