産総研トップへ

イベント

2020/09/29

関西バイオ医療研究会 第11回講演会(産業技術総合研究所関西センター研究講演会)
 感染症拡大防止のため、本講演会では事前登録が必須となります。また、会場でのマスク着用手指消毒検温などにご協力をお願いしております。その他詳細につきましては、「本講演会における感染症拡大防止対策」をご参照ください。

開催概要
日時 2020(令和2)年11月20日(金)13:00~17:45
場所 産業技術総合研究所・関西センター(池田市) 
C-4棟2階 第8会議室(大ホール)
阪急宝塚線・阪急池田駅下車・徒歩15分 (アクセス案内)
主催 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門/関西センター
共催 関西医薬品協会
参加費 無料(情報交換会のみ会費制)
内容 【講演プログラム】 敬称略
司会進行:七里 元督(産総研 バイオメディカル研究部門 細胞・生体医工学研究グループ グループ長)
13:00 開会挨拶 角口  勝彦(産総研 関西センター 所長)

講演第一部 
13:05 招待講演1「視線検出技術を利用した次世代型認知機能評価法の開発とその社会実装に向けて」
   武田 朱公(大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学 寄附講座准教授)  
13:55 「神経疾患解析技術開発の取り組み」  
   清末 和之(産総研 バイオメディカル研究部門 細胞分子機能研究グループ 研究グループ長)
14:15 <休憩>

講演第二部
14:35 招待講演2「インフルエンザ感染症における治療と診断の現状と将来展望」
   五十嵐 雅代(塩野義製薬株式会社 バイオマーカー研究開発部 事業推進ユニット長)
15:25 「蛍光RNAシステムの高輝度化とRNA検出プローブの開発」
   古旗 祐一(産総研 バイオメディカル研究部門 構造創薬研究グループ 研究員)
15:45 「環状タンパク質の解離集合を制御する分子技術の開拓」
   氷見山 幹基(産総研 バイオメディカル研究部門 生体分子創製研究グループ 研究員)
16:05 <休憩>

講演第三部  
16:25 招待講演3「診断・計測へのAI活用~人と地球の健康を実現するために~」 
   上野 功裕(株式会社島津製作所 基盤技術研究所 AIソリューションユニット ユニット長) 
17:15 「バイオ実験自動化の応用事例紹介-LabDroidまほろの使い方-」
   光山 統泰(産総研 人工知能研究センター オーミクス情報研究チーム 研究チーム長)  
17:35 閉会挨拶 田村 具博(産総研 生命工学領域 領域長)

【情報交換会(会費制)】
17:50~19:00 (講演会会場にて)
申込
方法
下記の申込フォームリンクよりお申し込みください。
※感染症拡大防止のため事前登録が必須となります

申込フォーム

上記申込フォームが利用できない場合は、参加者の氏名(ふりがな)、所属(役職)、情報交換会への参加の有無を下記問合せメール宛までお知らせください。
問合せ 産総研関西センター 研究講演会事務局 (電話:072-751-9606) 
e-mail: M-kansai_bio-jimu-ml@aist.go.jp
チラシ 講演会チラシ[PDF:477kB]
国立研究開発法人産業技術総合研究所