産総研トップへ

ニュース

2019/11/07

第5回電池技術研究部門フォーラム
「革新蓄電池」
―リチウムイオン電池の限界を超える―
開催概要
趣旨
 再生可能電力の貯蔵や電動化技術のニーズが高まる中で、蓄電池(二次電池)は今後ますます利用分野が広がり、市場規模が拡大していきます。国の研究開発プロジェクトではガソリン車並みの航続距離を持つ電気自動車を実現するための革新的高エネルギー密度電池の研究開発が行われています。一方、電池に使う材料の資源制約やコストの面からも従来の電池材料の概念にとらわれない新電池が期待されています。産総研では、ハードルの高い難しい技術課題を乗り越え実用化への道を切り拓くための研究開発を行っています。本フォーラムでは基礎化学から実用化研究まで革新的な二次電池技術の研究を活発に進められ、この分野を先導されている首都大学東京 金村聖志 教授に基調講演いただくとともに、産総研における従来のリチウムイオン電池の限界を超えるための革新電池開発の現状を報告します。
日時 令和2年1月10日(金) 13:30~17:00
会場
梅田スカイビル
スペース36L(講演会)、スペース36R(交流会)
大阪市北区大淀中1-1 ( タワー ウエスト 36階 ) (http://www.skybldg.co.jp/convention/
主催 国立研究開発法人産業技術総合研究所 関西センター
後援 近畿経済産業局、大阪商工会議所、(一財)大阪科学技術センター、
産業技術連携推進会議 環境・エネルギー部会
協賛 電気化学会関西支部
参加費 無料 (交流会は別途参加費4,000円)
定員 150名
申込方法
以下の申込フォームからお申し込みください
 
<〆切 令和2年1月6日(月)>

上記の申込フォームがご利用いただけない場合は、下記お問い合せ窓口までお問い合せください。
※ 本登録にご記入いただきました情報につきましては、個人情報保護法のもと適切に管理し、 本件に関わる確認・連絡および、産総研主催のイベントの案内のみに使用します。 産総研では規程等に基づき個人情報の適切な保護・管理を行っております。
フォーム記載事項 : 1)機関名、2)所属、3)氏名、4) 交流会参加有無、5) 連絡先(E-Mail等)
問合せ先 産総研関西センター 第5回電池技術研究部門フォーラム事務局
(産業技術総合研究所関西センター 産学官連携推進室内)
TEL:072-751-9004
e-mail: riecen2019-ml*aist.go.jp(*を@に変更してご使用ください。)
最新情報は右記にてご確認ください。 https://www.aist.go.jp/kansai/
詳細 講演会プログラム[PDF:94kB]
 

国立研究開発法人産業技術総合研究所