産総研トップへ

ニュース

2019/11/11

産総研福井サイト講演会
「福井発の新しい技術開発から製品へ」
- 産総研北陸プロジェクトで進めたテキスタイル・デバイス開発 -
 福井県で全国に先駆けて研究開発を行ってきたe-テキスタイルは、“テキスタイル(布)”と“エレクトロニクス”を融合したものです。人々の生活に密着した“布”をベースにするe-テキスタイルは、動作や体調、感情などの人や生活に関連する情報を自然な形で読み込み、情報技術の世界に受け渡す重要な役割が期待され、広く他のウェアラブルデバイスへの応用など、新たなビジネスへの活用も期待されております。
 本シンポジウムでは、人や生活の情報を取得しそれをユーザーに的確に届ける先進的な取組をされている 奈良女子大学教授 才脇直樹先生もお招きし、“人間の生活の中で役に立つものを、ビジネスに結びつく製品”を目指し、人とエレクトロニクスとの融合、そして、そのためのe-テキスタイルの在り方について、福井県企業の方々と意見交換をさせていただく会にいたしたく企画いたしました。閉会後には懇親会も予定しておりますので、多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。

日時: 2019年12月4日(水) 13:30-17:00
場所: 福井市地域交流プラザ(アオッサ) 607研修室 (福井駅東口より徒歩1分)
定員: 約40名
参加費: 無料(懇親会は会費3500円)
(懇親会に参加される方は11月24日までに、参加申込書により参加登録をお願いします。
 その他の方も参加申込書による登録をいただけますと幸いです。)

プログラム

13:30 主催者挨拶  産総研関西センター 所長 角口 勝彦

13:35 来賓ご挨拶  福井県産業労働部 副部長
          (兼)福井県工業技術センター 所長 山本 雅己 様

13:40 「e-テキスタイルによるビジネスに向けて」
    産総研人間拡張研究センター 副研究センター長 牛島 洋史
    (産総研北陸プロジェクト プロジェクトリーダー)

14:10 「e-テキスタイルのヘルスケアへの展開を考える」
    福井県工業技術センター 新産業創出部ウェアラブル技術研究グループ
                      主任研究員 笹山 秀樹 様

14:40 「ヘルスケア産業育成に向けた福井県の産業施策」
    福井県 産業労働部新産業創出課 参事 中津 美智代 様

15:00 「スマートテキスタイルとIoTによるファッショナブルIoT」
    奈良女子大学生活環境学部生活環境学科 教授 才脇 直樹 先生

15:40 <休憩>

16:00 パネルディスカッション モデレーター: 牛島洋史プロジェクトリーダー
    テーマ:テキスタイル・デバイスの今後
    パネラー:講演者各位、e-テキスタイル製品開発研究会会長 野形明広 様

17:00 閉会

17:15-19:00
   懇親会 炭火ステーキキッチン&バル(アオッサ 3F;会費 3500円/人)

案内チラシ(pdf:743KB)
参加申込票(Word:22KB)
(案内チラシにも参加申込票の書式があります。)

問い合わせ先:
産業技術総合研究所福井サイト(福井県工業技術センター内)
E-mail: fukui-site-ics-ml@aist.go.jp
TEL 0776-55-0152

主催:国立研究開発法人 産業技術総合研究所
共催:e-テキスタイル製品開発研究会 
共催:福井県工業技術センター 
共催:公益財団法人 ふくい産業支援センター 
後援:ふくいオープンイノベーション推進機構
国立研究開発法人産業技術総合研究所