産総研トップへ

研究ユニット

再生可能エネルギー研究センター

研究センター長あいさつ

 

研究センター長
古谷博秀
 「再生可能エネルギー研究センター」(Renewable Energy Research Center: RENRC)は、福島再生可能エネルギー研究所の中で研究開発を担う組織です。
 第5期から、太陽光、風力エネルギー、水素キャリア、水素・熱システム、地熱、地中熱、エネルギーネットワークの7つの研究チームに加え、太陽光発電システム、太陽光評価・標準化の2つのチームが加わり9つの研究チームと清水建設-産総研ゼロエミッション・水素タウン連携研究室から構成されています(太陽光評価・標準化チームはつくば中央)。中核的な要素技術からシステム統合技術まで、そして基礎研究から実証研究まで、再生可能エネルギー技術の研究開発に幅広く取り組んでいます。
 再生可能エネルギー主力電源化の早期実現のためには、再生可能エネルギー自身の性能向上と運用・保守技術の確立、適正な導入拡大のための研究開発やデータベース構築、これに加えて、ゼロエミッション実現にむけた次世代エネルギーシステムの技術開発が重要になります。
 再生可能エネルギー研究センターは、再生可能エネルギー研究開発の世界的なイノベーションハブを目指し、国内外研究機関との密接な連携によって福島発の独創的な再生可能エネルギー技術を発信するとともに、企業集積や人材育成によって福島県等の東北被災県の復興に貢献していきます。
  • 再生可能エネルギー研究センターの紹介ビデオの表紙再生可能エネルギー
    研究センター
    研究センター長 古谷博秀
    挨拶
    [ YouTube 1分30秒 ]
 

再生可能エネルギー研究戦略(Renewable Energy Research Initiative)

 
再生可能エネルギー研究戦略


 

再生可能エネルギー研究センター組織図

研究センター組織図風力エネルギーチーム太陽光チーム太陽光システムチーム太陽光評価・標準チーム地熱チーム地中熱チームエネルギーネットワークチーム水素キャリアチーム水素・熱システムチーム
 

 ※組織図内のチーム名、または下記、研究チーム一覧のチーム名をクリックしますと、チーム詳細ページへ移動します。

研究チーム一覧

国立研究開発法人産業技術総合研究所