English

 

ニュース

2017/07/29

鹿島アントラーズ・エフ・シーと産業技術総合研究所が包括協定を締結
-茨城県発イノベーション創出のための IBARAKI "A" Bridge協定-

ポイント

  • 両機関の知見を融合し、カシマスタジアムを最新技術の実証の場として活用することで、茨城県発のイノベーションを創出する。
  • カシマスタジアムの利活用を促進し、スタジアムを核とする地域経済の持続的成長を推進。
  • 双方の持つ情報や人材などのコンテンツを用いた社会貢献活動、アウトリーチ活動を協力して実施。

概要

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)と株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー【代表取締役社長 庄野 洋】(以下「鹿島アントラーズ」という)は、連携・協力に関する協定を平成29年7月29日に締結する。

 本協定に基づき、双方の高度な知見を融合し、連携して茨城県立カシマサッカースタジアム(以下「カシマスタジアム」という)の利活用および最新技術の社会実装を促進することで、周辺の地域経済の持続的成長を推進して、日本の科学技術およびスポーツ産業の振興に寄与する。


協定締結の経緯とねらい

 産総研と鹿島アントラーズは茨城県を中心として活動していることを機に、カシマスタジアムとつくばイノベーション拠点をつなぐことで、茨城県発のイノベーションを創出し、地域経済の持続的発展や日本の科学技術およびスポーツ産業に貢献していくことを合意し、協定締結に至った。

 協定に基づき、カシマスタジアムでの先端技術の実証、先端技術を活用したカシマスタジアムの高度化に取り組み、Safety(安全・安心)/Sustainability(持続可能性)/Satisfaction(顧客満足)の3Sを備えた公共大規模施設の新たな利活用モデルを構築する。

 産総研は「技術を社会へ」をスローガンとし、最先端技術の産業への"橋渡し"を担い、鹿島アントラーズは「Football Dreamつなぐ」を今季のスローガンとし、チームスポーツとスタジアムを核としてその活動を未来・世界・サポーターへつなぐための活動を行っていることから、"橋渡し/つなぐ"を合言葉に連携を進める。

 本協定を経て取得した研究・実験成果は順次発表、公開し、地域並びにスポーツ界の発展に寄与貢献していく。

主な連携・協力内容

1)新たな公共大規模施設の利活用拡大に向けた研究成果の社会実装、研究開発
  • カシマスタジアムのサービスの質の向上のために、産総研発ベンチャーを含めた最先端の技術の導入、顧客の利便性向上、施設保守の効率化を進める。
  • 最先端の技術の実証の場「ラボ」としてカシマスタジアムを利用し、中長期的な研究テーマを選定して研究開発を促進する。
2)社会貢献活動
  • 双方が有する情報・人材などのコンテンツを活かし、地域社会に向けたイベントを連携して実施する。

協定締結式の様子の写真   (左)産総研 中鉢理事長 (右)鹿島アントラーズ 庄野代表取締役社長の写真
協定締結式の様子   (左)産総研 中鉢理事長 (右)鹿島アントラーズ 庄野代表取締役社長

▲ ページトップへ