English

 

ニュース

2015/07/14

国立大学法人豊橋技術科学大学と産業技術総合研究所が「AIST-TUT先端センサ共同研究ラボラトリー」を設置

国立大学法人豊橋技術科学大学(以下「TUT」)と国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下「産総研」)は、「AIST-TUT先端センサ共同研究ラボラトリー」を設置し、連携・協力の覚書を締結しました。産総研におけるミニマルファブのデバイスプロセス技術と、TUTの持つ最先端センサデバイスの研究開発力・機能を融合することで、わが国の科学技術及び産業技術の振興とそれに係る教育・研究開発の促進を精力的に進めてまいります。

TUTと産総研は、「AIST-TUT先端センサ共同研究ラボラトリー」を通じて、下記事項に関して連携・協力を行うと共に、産総研は先端センサ共同研究ラボラトリーの運営に協力してまいります。

  • 共同研究等の研究協力
  • 研究交流及び人材交流
  • 教育・人材育成の相互支援
  • 研究施設・設備の相互利用

(ご参考)国立大学法人豊橋技術科学大学「AIST-TUT先端センサ共同研究ラボラトリー」を設置しました。
 プレスリリース: http://www.tut.ac.jp/news/150714-8557.html

▲ ページトップへ