English

 

産総研:ニュース

2016/02/03

日本発のコーティング技術の実用化を産学官が一体となって推進
-産業技術総合研究所と日本ファインセラミックス協会、「先進コーティングアライアンス」設立へ-

ポイント

  • AD法や光MOD法など、国際競争力のある日本独自のコーティング技術による迅速な実用化支援
  • バリューチェーンを統合的に見渡した国際的・戦略的なアライアンスの創出・強化
  • 先進コーティングに関するグローバル産学官連携拠点の形成と国際競争力強化

概要

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)先進コーティング技術研究センター【研究センター長 明渡 純】と一般社団法人 日本ファインセラミックス協会【専務理事 矢野 友三郎】(以下「JFCA」という)は、先進コーティング技術の実用化促進を目的とした「先進コーティングアライアンス」設立に向け、平成28年2月1日に相互協定を締結しました。

アライアンス設立の意義

 様々な基材上に常温でセラミックス薄膜を成膜するAD法や光MOD法といった、産総研が開発した先進コーティング技術は、既に半導体製造装置用部材や、リチウムイオン電池や色素増感型太陽電池などのエネルギー関連部材に応用され始めています。しかし、コーティング技術で先行する欧米企業に比べ、日本はまだまだ技術開発と新規市場への戦略的な展開で後れをとっています。

 このアライアンスは、従来のコーティング技術では両立が困難であった、省エネ・省資源化と高機能・低コスト化を同時に可能とする国際競争力のある新規の高速・高機能コーティング技術であるAD法(エアロゾル・デポジション法)や光MOD法(光有機金属分解法)を基軸にし、川上産業から川下産業まで幅広い関係企業がバリューチェーンに基づいたアライアンスを組織することで、コーティング市場の円滑な発展を図ります。また、海外のコーティングセンター、研究機関とも連携を図りグローバルな情報収集、情報発信ができる国内最大のコーティング拠点を目指します。

 先進コーティング技術研究センターでは、このアライアンスを軸に、産学官の強固な連携体制のもとで、これらの先進コーティング技術の企業への迅速な橋渡しを進めて参ります。

概要図

具体的な活動

〇見学会、国内外の講師によるセミナー、ワークショップ、国際会議等の開催
〇会員の要望によるテーマ毎の研究会の設置
〇海外機関との連携
〇HPによる情報提供
〇政策の提言および国家プロジェクトの立案
〇共同研究、技術移転、サンプル提供、研修生の受け入れ

 なお、平成28年4月6日~8日に東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される「高機能素材ワールド・第1回 高機能セラミックス展」の期間中に、「先進コーティングアライアンス」の設立記念式典を開催します。

※日本発のコーティング技術とは

エアロゾルデポジション(AD)法…焼かずに吹き付けるだけで堅牢なセラミックス膜を作ることができる、産総研が開発した新しいコーティング技術。微粒子とガスを混ぜて吹き付け、その衝突の衝撃によってセラミックスの膜を常温で作る。本手法を用いて既に半導体製造装置の部材が実用化されている。

光MOD法…大気中・低温でエピタキシャルやフレキシブルなセラミックス膜を作ることができる、産総研が開発した新しいコーティング技術。原料溶液の光反応により低温でセラミックスの膜が成膜できるため樹脂、金属、ガラスなどに対して機能性セラミックスのコーティングが可能。


お問い合わせ

先進コーティングアライアンスに関する問い合わせ先
E-mail:act-webmaster-ml*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ