English

 

ニュース

2015/07/23

「次世代ロボット中核技術開発」(人工知能技術分野)を受託

国立研究開発法人 産業技術総合研究所(理事長 中鉢良治)情報・人間工学領域(領域長 関口智嗣)人工知能研究センター(研究センター長 辻井潤一)は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「次世代ロボット中核技術開発」(人工知能技術分野)において、拠点となることが決定いたしました。今後、次世代人工知能技術の研究開発拠点として本事業を遂行してまいります。

本事業では、

①大規模目的基礎研究・先端技術研究開発:
最新の計算論的神経科学の知見を取り入れた脳型人工知能、データ駆動型の人工知能と知識駆動型の人工知能の融合を目指すデータ・知識融合型人工知能に関して、大規模なデータを用いた実世界の課題への適用とその結果の評価を前提とした目的基礎研究(大規模目的基礎研究)と、世界トップレベルの性能の達成を目指す先端技術の研究開発

②次世代人工知能フレームワーク研究・先進中核モジュール研究開発:
広範な人工知能応用の研究開発や社会的実用化に資するため、①の成果である脳型人工知能技術、データ・知識融合型人工知能技術、その他大学や企業が保有する様々な人工知能技術をモジュール化し統合するための次世代人工知能フレームワークと、多様な応用に迅速につなげるための核となる先進中核モジュールの研究開発

③次世代人工知能共通基盤技術研究開発:
人工知能技術の有効性や信頼性を定量的に評価し、性能を保証するための方法、そのために必要となる標準的問題設定や標準的ベンチマークデータセット等が満たすべき性質と構築に関する研究開発

の3つの項目の研究開発を、産学官の英知を結集して実施いたします。それによって、基礎研究、応用研究、人材育成、を一体として進め、我が国における先進的な人工知能技術の開発・実用化と基礎研究の進展の好循環を生むプラットフォーム形成を目指します。


▲ ページトップへ