English

 

2015研究ハイライト リチウムなどの軽元素を原子レベルで可視化に成功

注目ポイント

産総研は、低加速電子顕微鏡と電子エネルギー損失分光法を組み合わせて、リチウムを含む軽元素を原子一つ一つの精度で可視化することに成功しました。

開発した手法の概要と観察結果


軽元素の化合物を電子顕微鏡で観察しようとすると、軽元素が電子線ではじかれて、化合物は簡単に壊れます。今回、シールド材料としてカーボンナノチューブやフラーレンを用い、その中に軽元素や軽元素を含む化合物を閉じ込めて、電子線のダメージを減らすことにより、リチウム、ナトリウム、フッ素、塩素の単原子を観察することに成功しました。

関連リンク


本研究テーマに関するお問合せ先

千賀研究員の写真  
ナノ材料研究部門 電子顕微鏡グループ 研究員 千賀 亮典(せんが りょうすけ)

〒305-8569 茨城県つくば市東1-1-1 つくば中央第5

E-mail:nmri-info-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)
Web:https://unit.aist.go.jp/nmri/


▲ ページトップへ