English

 

エネルギー・環境

水素ガス圧縮機20160620007

 第二次世界大戦中、燃料確保のため石炭液化の研究が進められ、その研究の一環として、燃料研究所(当時)が高圧水素ガス圧縮機を製造しました。

 試作した圧縮機は、毎時5m3の水素ガスを1,000気圧まで圧縮できる装置で、当時としてはわが国最高の性能を誇りました。この圧縮機を用いて、内燃機関に必要とされる良質な軽質油の製造を目指しましたが、戦争末期に入り本格的に活用するまでには至りませんでした。

水素ガス圧縮機
画像サイズ 1013×742(1.24 MB)
整理番号 20160620007
領域 エネルギー・環境領域

写真の使用について

上の画像をクリックすると、別ウィンドウで大きな画像が表示されますので、表示された画像を右クリックして名前を付けて画像を保存で保存してください。

写真の使用を希望される場合は、ご利用条件をご確認の上、総合問い合わせフォームより、「産総研ウェブページに掲載されている著作物の使用申請」を選択してお問い合わせください。

▲ ページトップへ