English

 

情報・人間工学

パロ20160609003

 アザラシ型ロボット「パロ」を開発し、ペットに替わるロボット・セラピーの効果を検証しました。ペットロボットの開発を始めてから約10年後の2004年、産総研技術移転ベンチャーである株式会社知能システムが「パロ」を商品化しました。

 国内外の福祉施設や病院で実証研究を行ったところ、うつ状態の改善、ストレスの低減、高齢者同士や介護者との会話の増加など、心理的、生理的、社会的な改善効果が確認されました。社会の高齢化が進み、ペットを飼うことによるアニマル・セラピー効果が高齢者のQOL(生活の質)の向上につながるとして注目されている中、これまで日本と欧米を中心に、約30カ国以上で約3,000体以上が活用されてきました。世界で最もセラピー効果がある医療機器と認定されギネスブックにも掲載されました。東日本大震災後は、避難所や仮設住宅で“心のケア”に一役買っています。

パロ
画像サイズ 2756×1837(2.15MB)
整理番号 20160609003
領域 情報・人間工学領域

写真の使用について

上の画像をクリックすると、別ウィンドウで大きな画像が表示されますので、表示された画像を右クリックして名前を付けて画像を保存で保存してください。

写真の使用を希望される場合は、ご利用条件をご確認の上、総合問い合わせフォームより、「産総研ウェブページに掲載されている著作物の使用申請」を選択してお問い合わせください。

▲ ページトップへ