産総研トップへ

ニュース

2019/11/13

EBISワークショップ「チームの創発力・実現力を引き出すデザインブレインマッピング(新規事業創出に向けて)」を開催しました

2019年度 TAIプロジェクトEBISワークショップ
「チームの創発力・実現力を引き出すデザインブレインマッピング(新規事業創出に向けて)」

EBISワークショップは、中堅・中小企業の意思決定を担われる皆様を対象とした、
講師との議論や新しい技術を体験することに重点を置いた勉強会です。

日時:
第1回セミナー    2019年11月13日(水)13:30~16:30
第2回ワークショップ 2019年11月20日(水)10:00~16:00
第3回ワークショップ 2019年11月27日(水)10:00~16:00
*原則、ワークショップ参加者は、セミナーも含めた3回連続参加をお願いします。
ワークショップでは、4人ずつ3グループに分かれて、個人-チーム-全体のワークを行い、DBMの手法を習得、社内で活用できるようになることを目指します。
受付は開始30分前から始めます。

場所:岩手県工業技術センター中ホールおよびIIRI DESIGN LAB(De.i)

主催:国立研究開発法人産業技術総合研究所東北センター
   地方独立行政法人岩手県工業技術センター
後援:経済産業省東北経済産業局、岩手県

講師:国立研究開発法人産業技術総合研究所
   エレクトロニクス・製造領域製造技術研究部門 総括研究主幹 手塚 明 氏

目的:デザイン視点のアプローチ、広義のデザイン活用を推進するために重要となるのは、企業内外の関係者が、デザイン的な考え方と方法により、対話、アイデア創出、実現に向けた行動を実施していくことです。
そこで、産総研が開発した手法と道具「デザインブレインマッピング」(DBM)について学び、ワークショップを通じて実践可能な技術として習得し、デザイン的な考え方と方法をより身近なものとして捉え直し、具体的に実践・活用することによりセミナー参加企業における新事業創出を促進することを目指します。

対象者:以下の目的を持つ企業経営者等およびこれら企業と共創を志向したいデザイナー
   ※自社製品を開発(開発を志向)している岩手県内企業を中心に募集します。
   ・デザイン(企画)で競争力があり、販売力のある企業を目指したい企業
   ・ものづくりの技術的優位性を市場競争力の優位性に繋げたい企業
   ・顧客価値の高い製品・システムの開発をしたい企業
   ・デザイン思考、発想等が具体的に良く分からないと思っている企業
   ・社内、特に若手のモチベーションを上げたいと思っている企業
   ・意識・行動の変革を目指したい企業
   ・関係者との共創の変革を目指したい企業 等

*事前に「デザインブレインマッピング、丸善出版」を購入して目を通し、疑問点やよくわからない部分を捉えておいて下さい。
またテキストとして使用しますので、当日は持参して下さい。