産総研トップへ

柏センターとは

柏センター外観柏センターは、産総研の新たな研究拠点として、2018年11月1日、翌年4月の本格稼働に先立ち、設立されました。柏センターは、医療・介護分野などさまざまな個別分野データの①収集・管理、②解析、③2次提供を行うデータ基盤の構築や、Ai技術を搭載した機器などの試作・実証・評価環境の整備などを通じ、Society5.0の基盤をなす「人間拡張技術」を中核とした研究を推進します。

また、柏センターに置かれたデザインスクール事業室では、社会イノベーションをけん引する産学の人材を育成する「産総研 デザインスクール」の運営業務を行っています。現在、昨今の「デザイン思考」の概念を取り入れた、社会イノベーションの実践に関する研究活動・協働プロジェクト活動を実際に行う人材育成プログラムを実施するための、試行事業を行っているところです。

さらに、柏センターには、2018年8月1日より本格運用を開始した大規模AIクラウド計算システム「ABCI」が構築されています。

所長挨拶

所長の写真
産業技術総合研究所 
柏センター所長
廣島 洋

産総研は、政府の「未来への投資を実現する経済対策」(2016年8月)における、人工知能に関する研究拠点を整備し社会実装を推進するとの決定を受け、2017年3月に国立大学法人東京大学及び経済産業省産業技術環境局と協定を締結し、東京大学柏IIキャンパス内への研究拠点の整備を進めてきました。柏センターは、そのような背景の下、2019年4月の本格稼働に先立って、2018年11月1日に設立されました。

柏センターが推進する人間拡張技術は、サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させたシステムによって社会問題の解決を図るものであり、第5期科学技術基本計画において提唱されたSociety5.0の基盤をなすものです。また、柏センターには、人工知能技術において重要となる超高速学習が世界最速レベルで可能なABCIが構築されています。加えて、技術の社会への橋渡しに関する人材育成のための「産総研デザインスクール」を実施しています。昨今、IoTや人工知能に関する技術の進展は著しく、これまでにない新たな価値が社会に多くもたらされていますが、柏センターはそうした社会イノベーションの第一線を走り、生活の質の向上や社会コストの低減、産業の拡大に寄与することを目指します。

産学官の皆様と強力に連携しながら、革新的な成果を創出し、社会課題の解決へ貢献していけるよう、尽力して参ります。

組織図
2019年7月1日現在

柏センターの組織は、研究開発の中核をなす研究推進組織と、研究開発の運営業務に携わる事業組織から構成されています。

      柏センター所長      
           
                   
                   
 

研究推進組織


情報・人間工学領域


先端オペランド計測技術オープンイノベーションラボラトリ
           

事業組織


  • 産学官連携推進室
  • 研究業務推進室
  • デザインスクール事業室
 
       


施設概要

建物名称 用途 延床面積
社会イノベーション棟(研究棟) 実験、会議・外部連携、事務管理 約6,100平方メートル
AIデータセンター棟(サーバ棟) サーバ(ABCI)設置・運用 約600平方メートル
社会イノベーション棟のイメージ写真
社会イノベーション棟
  AIデータセンター棟イメージ写真
AIデータセンター棟


国立研究開発法人 産業技術総合研究所 柏センター

〒277-0882 千葉県柏市柏の葉6丁目2番3 東京大学柏IIキャンパス内
E-mail: kashiwa-tour -ml*aist.go.jp(*を@に変えて送信して下さい)
代表電話:04-7132-8861



 
国立研究開発法人産業技術総合研究所