産総研トップへ

中国センターとは

中国センター 中国センターでは、循環型社会の実現に向けて、中国地域に豊富に存在する木質系などのバイオマスを活用して、機能性化学品を製造するための化学・バイオ・材料技術に重点を置いた研究開発を推進しています。得られた研究成果をベースに、地域企業を中心とした産業界への技術移転を図り、持続可能な社会の実現に向けた新たな産業基盤構築に貢献します。

所長挨拶

中国センター田澤真人所長の写真
産業技術総合研究所 中国センター所長
田澤 真人

 産総研は新しい理事長のもと、第5期の中長期計画期間が始まりました。第5期のミッションとしては、「社会課題の解決」と「橋渡しの拡充」が掲げられています。また、「橋渡しの拡充」においては「地域イノベーション」が強調されています。中国センターでは、第5期においても研究機能と連携機能をもって、これらのミッションに応えます。

 さて、中国センターでは重点化の方向として「バイオマス利用技術」を使ってきましたが、本年度からは「材料診断技術」に変更します。対象とする「材料」は樹脂材料や有機材料です。これらの材料は産業界で非常に広く使われており、「社会課題の解決」や「橋渡し」に対し、材料面から貢献していくにはふさわしい言葉と考えています。これに伴い、中国センターにある3つの研究グループのうち、「バイオベース材料化学グループ」が「有機材料診断グループ」と名称変更となりました。産総研は特定国立研究開発法人としての一流の研究成果を求められています。研究活動の継続と成果発信を継続してまいります。

 また、連携機能を発揮するため、これまでどおりオール産総研をバックに産業界への橋渡しを推進します。そのためには企業様はもとより、さまざまなステークホルダーとの信頼関係の構築と維持が重要と考えます。築き上げてきた信頼関係をもとに、産業界への貢献のため、大学、中国経済産業局などの行政機関、公設試などの研究機関、支援機関と連携し、交流、情報共有等をさらに進めます。

 今後とも中国地域産業のさらなる活性化のため努力してまいります。皆様のご支援とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

組織図

2020年4月1日現在
 

中国センターの組織は、研究開発の中核をなす研究推進組織と、研究開発の運営業務に携わる事業組織から構成されています。

組織図(研究推進組織として機能化学研究部門の研究部門長、有機材料診断グループ、バイオ変換グループ、セルロース材料グループが、事業組織として産学官連携推進室、研究業務推進室が配置されています。)
 

沿革

 
令和2年4月 機能化学研究部門 バイオベース材料化学グループ→機能化学研究部門 有機材料診断グループにグループ名を変更
平成27年4月
国立研究開発法人産業技術総合研究所に移行
機能化学研究部門に改組
平成26年4月 組織改編により地質情報研究部門 沿岸海洋研究グループをつくばに集約
平成24年4月 バイオマス研究センターがバイオマスリファイナリー研究センターに組織変更
平成22年4月
広島県東広島市(広島中央サイエンスパーク)に移転
移転に伴い、呉市にある瀬戸内海大型水理模型を閉鎖
平成17年10月 循環バイオマス研究ラボがバイオマス研究センターに組織変更
平成16年11月 産学官連携センターにレーザ応用機能信頼性予測連携研究体設立
平成16年5月 海洋資源環境研究部門 生態系環境修復研究グループ及び海洋環境モニタリング研究グループが地質情報研究部門 沿岸海洋研究グループに組織変更
平成16年4月 基礎素材研究部門 耐環境性評価技術研究グループが計測フロンティア研究部門 水素脆化評価研究グループに組織変更
平成15年4月 循環バイオマス研究ラボ設立
平成13年4月
独立行政法人 産業技術総合研究所 中国センターに組織変更
海洋資源環境研究部門・基礎素材研究部門に改正、併せて室名も変更
平成6年9月 南2・3号館完成
平成5年10月
機構改革により中国工業技術研究所に名称変更
海洋環境制御部・生産基礎技術部に改正、併せて室名も変更
昭和63年3月 北3号館完成
昭和61年7月
海洋開発部・生産技術部への機構改革
技術相談室を技術交流推進センターに改正
昭和59年2月 南1号館(旧海洋科学実験棟)完成
昭和58年3月 西2号棟(旧アンモニア実験棟)完成
昭和56年2月
北2号館(旧防錆技術実験棟)
西3号棟(旧高圧ガス実験棟)完成
昭和53年4月 技術相談室設置
昭和52年10月 内海環境部、機械金属部の2研究部に組織改正
昭和50年10月 研究本館完成
昭和50年3月 北1号館(旧金属加工棟)完成
昭和48年5月 瀬戸内海大型水理模型竣工
昭和46年7月 通商産業省 工業技術院 中国工業技術試験所設立(広島県呉市)
 

瀬戸内海と水理模型

<お知らせ>
 平成22年4月の、中国センターの広島県呉市から東広島市への移転に伴い、瀬戸内海大型水理模型は閉鎖いたしました。以下は、35年間瀬戸内海を見据えてきた大型水理模型の歴史をご紹介するコーナーです。模型関連の資料として活用して頂ければ幸いです。

瀬戸内海大型水理模型案内

 瀬戸内海大型水理模型の完成直後に作られた施設案内用のパンフレットです。建設の沿革、水理模型の概要、水理模型実験施設、水理模型実験の様子、等が簡潔にまとめられている貴重な資料です。
PDFダウンロード[PDF:3.2MB]

アルバム:瀬戸内海大型水理模型の建設

 
 中国工業技術試験所内に建設された瀬戸内海大型水理模型実験場と水理模型の建設を記録した写真集です。
PDFダウンロード[PDF:7.0MB]

 

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 中国センター

〒739-0046 広島県東広島市鏡山3-11-32
電話:082-420-8230(代)  FAX:082-423-7820

国立研究開発法人産業技術総合研究所