産総研トップへ

「有機・バイオ材料拠点セミナー【アミノ酸に着目した酵母の高機能開発と産業利用】」開催のご案内

開催趣旨

 産総研中国センターは、国の「マテリアル革新力強化戦略」を受けて“有機・バイオ材料拠点”が整備され、2022年4月より当該材料に関わる事業への多面的な支援をスタートしました。さらに、本拠点を“学びの拠点”とも位置付け、地域のステークホルダーの方々との協働を通して技術人材の育成にも体型的に取り組み、持続的な地域イノベーション・エコシステムの構築を目指していきます。
 有機・バイオ材料拠点セミナーでは、大学や企業の方を講師としてお招きし、モノづくりに関する多様な内容について話題提供をいただきます。今後も本拠点におけるオープンイノベーション推進に向けて、本セミナーを基軸とする産業界への情報発信を充実化させる予定です。

 今回のセミナーでは、酵母の産業利用に関する話題をご提供いただきます。酵母の食品利用や育種、代謝等にご興味をお持ちの多数の方々のご参加をお待ちしております。

講師 奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科
バイオサイエンス領域 高木 博史 教授
日時 2022(令和4)年11月16日 水曜日 15時00分 〜 16時30分
定員 100名(先着順)
参加費 無料
開催形式 オンライン開催(Zoomを使用)

ご案内・プログラムはこちらからご覧ください。[ PDF: 955 KB ]
 「有機・バイオ材料拠点セミナー【アミノ酸に着目した酵母の高機能開発と産業利用】」のPDFを読む 

               

お申し込み方法

下記の方法にてお申し込みください。申込締切:2022(令和4)年11月11日 金曜日

◆WEBからの参加申込み
 下記の申込フォームに必要事項を記入いただき、送信してください。
   ⇒  申込フォーム

※ご記入いただいた個人情報は、当セミナー参加者へのご連絡及び情報配信等(希望者のみ)のご案内のために使用いたします。 
   また、講演中は録画をいたします。予めご了承ください。

 

本件に関するお問合せ先

産業技術総合研究所中国センター  担当:井上、宮瀧、柳下

広島県東広島市鏡山3-11-32
電子メール:M-c-seminar-ml#aist.go.jp(#は@に置き換えてください)

 

次第

「アミノ酸に着目した酵母の高機能開発と産業利用」

酵母のアミノ酸代謝は生育環境や菌株によって異なっており、それらの仕組みを解明し、生命現象を理解することが重要である。また、酵母を用いて製造される発酵・醸造食品のアミノ酸含量を高めることができれば、それらの生産性改善、高付加価値化などが期待できる。本講演では、酵母に見出したアミノ酸の代謝制御機構や生理機能に基づき、アミノ酸代謝を人為的に改変し、酵母の高機能開発と産業酵母の育種に応用した例を紹介する。

国立研究開発法人産業技術総合研究所