産総研トップへ

ほっかいどうOSL

 北海道産学官連携研究棟は、産総研のバイオ技術のポテンシャルとシーズを、地域の技術やニーズに結合させることで、地域産業の活性化並びに新規産業の創出を目指す研究開発拠点です。

 産総研内外の研究者・技術者が互いに共同して、先端バイオ技術の研究開発及び事業活動するための施設です。


施設概要

 地上4階建ての最先端バイオ研究施設で、バイオ系実験室などで構成。

所在地 北海道札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1 産総研北海道センター敷地内
延床面積 3,188m2
総工費 21億円
1階 実験室、管理室
2階 バイオ系実験室、低温室、研究室
3階 機械室
4階 実験室、セミナー室等

施設詳細

ご利用いただける部屋の写真一覧 主な付帯設備(設備は予告なく変更されることがあります)
1階 1103室
46.00 m2  
1階 1104室
55.00 m2  
1階 1105室
55.00 m2  
1階 1106室
55.00 m2  
1階 1107室
52.00 m2  
1階 1203室
60.00 m2  
1階 1204室
60.00 m2  
1階 1205室
60.00 m2  
1階 1206室
60.00 m2  
1階 1207室
60.00 m2  
40.96 m2 流し台
40.96 m2 流し台 , 安全キャビネット 2台
40.96 m2 流し台 , 実験台 2台
40.96 m2 流し台 , 実験台 1台
91.65 m2 流し台 , 実験台 6台 , ドラフトチャンバー 4台 , 窒素ガス配管
28.80 m2  
60.22 m2 流し台 , 実験台 1台、ドラフトチャンバー 1台 , 窒素ガス配管
34.62 m2 流し台 , 実験台 3台
25.60 m2 流し台 , 実験台 3台
34.62 m2 流し台 , 実験台 3台 , ドラフトチャンバー 1台 , 窒素ガス配管
25.60 m2 流し台 , 実験台 1台
39.99 m2 流し台
39.99 m2 流し台 , 実験台 1台
低温実験室(2階 2107室)
40.96 m2
(室内 25.15 m2
流し台 , 実験台 1台 , 窒素ガス配管
--- クリーンルーム(詳細は産学官連携窓口担当へお問合せ下さい)
42.68 m2 プロジェクター , スクリーン

フロアガイド

現在、空き室はございません。 (平成28年10月1日)
1階フロア
1階フロア図 実験室
2階フロア
2階フロア図 バイオ系実験室、低温室、研究室で構成。多目的利用に対応した柔軟な部屋設計で、光熱水使用量は部屋毎に計量
3階フロア
3階フロア図 高度な空調システムを設置した機械室。結露、熱交換、脱臭、騒音、保守作業などに配慮した設計
4階フロア
4階フロア図 実験室、セミナー室、クリーンルームで構成

ご利用条件

利用できる方

以下の条件のいずれかに当てはまる研究グループあるいは企業であることが条件で、利用に当たっては産総研の審査・承認を得る必要があります。

  • 産総研技術移転ベンチャー企業等であるとき
  • 産総研との共同研究を行うとき
  • 産総研が国や企業などから受託研究を行うとき
  • 産総研ベンチャー開発・技術移転センターが設置したタスクフォースであるとき
  • その他、産総研から利用が認められたとき

利用料金

次に掲げる料金は一般的な場合のものです。共同研究や受託研究など、利用する制度により料金が異なりますので、詳細は「研究棟利用について」の問い合わせ先にお尋ね下さい。

直接経費
  施設運営費 20,000円 / 年 × 利用面積 (m²) × 人数比 (消費税別)
  光熱水料 産総研の定める額  × 利用面積 (m²) × 人数比 (消費税込)

※人数比 : 常駐共同研究者数 / (常駐共同研究者数+産総研研究者数)
※光熱水量を多量に (クリーンルーム等) 使用する研究の場合は別途負担して頂きます。



人頭経費
  常駐の場合 25,000円 / 月 × 人数 (消費税別)
  非常駐の場合 2,000円 / 日 × 人数 (消費税別)

試算例

産総研とA社とで下記の条件にて共同研究を行う場合。
(この例はあくまで一つの参考例です。利用条件によって異なりますので詳しくは下記へお問い合わせ下さい。)

  • 参画研究者 : 産総研 1名、 A社 2名(1名常駐 + 1名2回 / 月)
  • 利用施設 : 2階2203室 91.65m²
  • 共同研究期間 : 1年間
直接経費
  施設運営費 20,000円 / 年 × 利用面積 (91.65m²) × 12/12月 ×1.08 × 人数比 (1/2) x 0.36 356,335円
  光熱水料 産総研の定める額 (平成28年度 10,133円 / 年) × 利用面積 (91.65m²) × 12/12月 ×人数比 (1/2) 464,344円
合計
820,679円
人頭経費
  1名 (常駐) 25,000円 / 月 × 12ヶ月 × 1名 × 1.08 x 0.25 81,000円
  1名 (月2回) 2,000円 / 日 × 2回 × 12ヶ月 × 1名 × 1.08 x 0.25 12,960円
合計 93,960円
A社の利用料金 総計
914,639円

※北海道センターの定める減額率  平成28年度 0.36(施設運営費)、0.25(人頭経費)


利用期間

原則として3年以内ですが、場合により延長・更新することもできます。


利用の手続き

研究棟の利用には北海道産学官連携共同研究施設利用審査委員会の審査・許可が必要です。
施設利用要領はこちら(PDF:149KB)

手続きの流れ(①利用申込書、②申込書受理、③審査・許可、④利用許可書、⑤利用開始)


お問い合せ先  ※OSLに対するご要望等についても受け付けております。

産学官連携窓口担当

国立研究開発法人産業技術総合研究所 北海道センター産学官連携推進室
電話: 011-857-8406 FAX: 011-857-8901