産総研トップへ

地質標本館特別企画:2019年産総研つくばセンター一般公開

地質標本館特別企画

美しい砂の世界 -日本の砂、世界の砂、地層の砂-

美しい砂の世界のポスターの写真

砂とひとことで言ってもそれはさまざま。いろんな地域の砂は、それぞれいろんな表情を持っています。
砂にはいろんな情報が込められていて、いろんなことを教えてくれます。特別展ではたくさんの砂をご紹介します。この機会に「美しい砂の世界」をのぞき込んでみてはいかがですか。

 

B会場:地質標本館

開催期間:7月9日(火曜)~10月6日(日曜)

特別展の詳細情報:

https://www.gsj.jp/Muse/exhibition/archives/2019/2019_summer.html

特別講演

定員60名【先着順】


14時00分 ~ 16時00分(13時30分開場)

B会場:地質標本館 1階 映像室

上記、特別展の関連イベントとして「特別講演」を下記のとおり開催します。


砂の話 -河原の砂・浜辺の砂-

14時00分 ~ 15時00分

講演者:須藤 定久(産総研 地圏資源環境研究部門)

河原や浜辺には砂や砂利があります。
どこも同じ砂?いやいや、こんな河原にはこんな砂、あんな浜辺にはあんな砂、その場所にふさわしいいろんな砂があります。
そこに砂があるのはなぜ?砂はどこから来たのか?などなど砂にまつわる不思議を考えます。


砂の模様からわかる昔の風景

15時00分 ~ 16時00分

講演者:小松原 純子(産総研 地質情報研究部門)

海岸や砂丘に積もった砂にはいろんな模様が見られます。
どの場所でどんな模様ができるでしょうか。
逆に地層中の砂の模様から、昔どうやってその砂がたまったかがわかります。風景の化石ともいえる砂の模様についてお話しします。


お問合せ先

一般公開事務局

産業技術総合研究所 広報サービス室
Eメール:tsukuba2019-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)
電話:029-862-6214(平日:午前9:00~12:00、午後1:00~5:00)

ページトップへ戻る ▲


国立研究開発法人産業技術総合研究所