AIST FREA

産総研トップへ

News

2018/04/06

Decision on challenges in conducting the 2018 Program for Promoting the Development and Commercialization of Renewable Energy Technologies Invented by Industry in Disaster Areas in Tohoku

From 2013 to 2017, the Fukushima Renewable Energy Institute, AIST (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, President: Ryoji Chubachi) (FREA) used its know-how and research facilities to promote renewable energy related technologies invented by companies located in the disaster areas of Fukushima Prefecture, Miyagi Prefecture, and Iwate Prefecture (referred to below as “disaster area companies”). In addition, FREA will start new projects under the Program for Promoting the Development and Commercialization of Renewable Energy Technologies Invented by Industry in Disaster Areas in Tohoku from 2018. Conventional industry promotion will be continued at a smaller scale.
This program will focus on its work through a consortium of disaster area companies, with an emphasis on technology development toward the commercialization of renewable energy related products invented in disaster areas using the results of technology promotion so far.

Applications were accepted through public invitation from January 10th (Wednesday) to January 31st (Wednesday) 2018. Following a strict review by the Review Committee, the following seven consortiums and ten individual companies were selected.

♦コンソーシアム型実施課題一覧(分野別)
課題名 企業名 地域(代表)
〈太陽光発電分野〉
福島モデル太陽電池モジュールの開発 アンフィニ(株)(代表)、(株)山王、(株)アサカ理研、 クニミネ工業(株)、(株)さんのう、(株)カナメ 福島県
楢葉町
〈風力発電分野〉
複雑地形におけるライダー風況アセスメント技術の研究開発 福島発電(株)(代表)、JR東日本エネルギー開発(株) 福島県
福島市
〈地熱・地中熱分野〉
耐熱型ボアホールスキャナーによる地熱井・温泉井の健全利用技術の実用化 (株)ボア(代表)、三井金属資源開発(株)、地熱エンジニアリング(株) 宮城県
栗原市
地質調査孔を用いた熱応答試験の標準化と福島県・見かけ熱伝導率分布図の作成 福島県地中熱利用技術開発有限責任事業組合(略称ふくしま地中熱LLP) 福島県
郡山市
〈蓄エネルギー分野(水素・熱)〉
水素エネルギー社会へ向けた技術・事業化研究開発 北芝電機(株)(代表)、 日本化学工業(株)、(株)アポロガス、(株)山王、(株)クレハ 福島県
福島市
再生可能エネルギーの利用拡大に資する熱発電・熱利用技術研究開発 (株)馬渕工業所(代表)、アネスト岩田(株)、(株)亀山鉄工所 宮城県
仙台市
〈再生可能エネルギー管理〉
分散電源制御技術と統合エネルギーマネージメントシステムの適合性評価 (株)会津ラボ(代表)、 日本工営(株)、(株)FEP 福島県
会津若松市

♦個別企業型実施課題一覧(分野別)
課題名 企業名 地域
〈太陽光発電分野〉
結晶シリコン型太陽電池電極ペースト用ガラスフリットの改善 AGCエレクトロニクス(株) 福島県
郡山市
〈風力発電分野〉
風車点検UAS実用化に向けた近接飛行の実証 アルパイン() 福島県
いわき市
世界トップレベル、日本の強雷による風力ブレードの落雷被害を軽減する雷誘導製品の開発 (株)北拓 福島県
いわき市
全天候プラズマアクチュエータモジュールの誘起流効果の検証 (株)朝日ラバー 福島県
白河市
〈地熱・地中熱分野〉
地熱貯留構造統合解釈システムの評価 地熱エンジニアリング(株) 岩手県
滝沢市
小型温泉発電装置の信頼性高度化支援 (株)リナジス 宮城県
仙台市
地熱井用光ファイバー型高温多連式3軸地震計の開発 地熱技術開発() 岩手県
盛岡市
〈蓄エネルギー分野(水素・熱)〉
燃料電池用電極触媒の性能評価による事業化支援 (株)ジュークス 岩手県
久慈市
カーボンニュートラル燃料の熱利用技術の実証 (株)ひまわり 福島県
須賀川市
〈再生可能エネルギー管理〉
PV点検支援システムの検証と機能改良 日本カーネルシステム(株) 福島県
郡山市

From now on, by utilizing knowledge, experience and research facilities of FREA, it is expected that the development and technical support of renewable energy related technologies of companies located in the disaster areas will be promoted in this program by the end of FY2018.