産総研トップへ

2015年 産総研つくばセンター 一般公開:高校理科系クラブ研究発表


高校理科系クラブ研究発表

■ A会場 共用講堂 ロビー

近隣5高校の理科系クラブの皆さんが、日頃の研究の成果を発表します。

G1 土浦一高

振り子・メトロノームで見られる周期的物理現象の解析と、簡易吸光度計を用いた水質調査

振り子やメトロノームの不思議な動き(周期的物理現象)に生じる疑問に対する実演に、シミュレーションなどを沿えて解説します。また、6年前に先輩が行った研究を引き継ぎ、新たな試みを加えた「簡易吸光度計」で行った、霞ケ浦・牛久沼・手賀沼の水質調査を発表します。

G2 土浦三高

振り子で地球自転を証明、NewType太陽観測装置の開発、花粉の調査、ゴキブリの行動様式

“フーコーの振り子”再現を目指して改良を重ねる振り子は、自転を証明できるのももうすぐ? 完成の域に達した「太陽観測装置」は活動の重要アイテムに。 ステンレス製採取器をつくり1年続けた「花粉研究」に加え、新テーマ「ゴキブリの行動」も発表します。

G3 竹園高校

プラナリアの無性/有性生殖転換する条件考察と、塩基配列データから得た植物の分子系統図

プラナリアが生殖転換条件はどのようなものなのか? 生息地による違いは、遺伝によるものか、環境によるものなのか? また、毎月、校内の植物1種ずつに注目して続けたポスター発表から作成を試みた「塩基配列データから得た分子系統図」も発表します。

G4 並木中等

セイタカアワダチソウのアレロパシー物質抽出と、植物ホルモンがカイワレダイコン子葉に与える効果図

セイタカアワダチソウが“他の植物の生育を阻害する”作用の源である「cis-DM」を抽出し結晶化することに成功しました。また、植物ホルモン「エチレン」がカイワレダイコンの子葉をカールさせるメカニズムを細胞レベルで解明した研究を発表します。

G5 茗溪学園

小野川河床採取100種7000個の貝化石同定と、コマ発色のしくみの研究、ゲンジボタル分布考察

牛久市を流れる小野川河床に露出した下総層群から採取した多量の貝化石について同定結果を報告します。また白黒で模様をつけたコマが回転中に発色するしくみの研究、ゲンジボタルの遺伝子からみた分布考察「“房総半島南部型”ゲンジボタル」も発表します。

お問い合わせ先:
産業技術総合研究所 企画本部 広報サービス室
電話:029-862-6214 FAX:029-862-6212
Eメール:tuskuba2015-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)